若い人の自分の唾液にむせるとき|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ

ブログ

若い人の自分の唾液にむせるとき

筋肉が弱っていない若い人でも『自分の唾液にむせてしまう』症状が目立つようになってきました。

もしかして、スマホの使い過ぎや、デスクワークが多いことが原因のストレートネックになっていないでしょうか。

肩が前に丸くなり、首が前に突き出る形で、舌骨周囲筋肉の動きに制限がかかっていないでしょうか。

若くて、筋肉が弱っていないのに、自分の唾液にむせるようでしたら、骨格と筋肉の関係をきちんと学んだ資格のある整骨院(痛いほど強く揉むようなことはありません。ぽきぽき音がすることもありません。正しい位置にそーっと誘導してくれます)で、首と肩の筋肉と骨の角度調節をしてみてはいかがでしょう。
整骨院は整体とは違います。
整骨院では保険証が使えますので、リーズナブルな料金で施術していただけます。
保険証を持って受診してくださいね。

歯科医が対象にしているのは、ほとんどが『オーラルフレイル』の方です。

姿勢を正面に保つこと。

足の裏をしっかり踏みしめること(浮き指にならないこと)

舌・咽頭周囲筋肉の筋トレをすること。

飲み込みの改善を図る嚥下指導をしているのです。

ナカムラシカクリニックは神奈川県の嚥下機能指導歯科医です。

若い人は、そこは弱っていませんが、骨格の歪みが筋肉運動を邪魔しているのかもしれないのです。

若い人の『むせ』は『ストレートネックの改善』が効果的です。

歯ブラシからの感染に注意してください

暑くて体力が奪われる毎日ですね。

バイキンは、湿気と暑さで元気いっぱいに繁殖しています。

常に携帯して昼食後に歯磨きしているあなた。

その歯ブラシは殺菌してますか?

バイキンが繁殖しないように乾燥させていますか?

携帯用のケースにしまっていませんか?

もしも、体力が弱っているときに、バイキンがびっしり繁殖した歯ブラシで磨いたら・・・

菌血症になるかもしれません。

歯茎が腫れる

熱が出る

全身だるい

歯肉の傷から入ったバイキンは毛細血管の傷から血流に乗ってに全身に波及するのです。

あなたの愛用の携帯歯ブラシは、カビ生えてませんか?

こんな季節は、歯ブラシを消毒して、乾燥してくださいね。

歯石は何故取らなければいけないのかというと

先日、海外出張先からネット予約いただいた男性は、きちんと半年ごとに『歯のメンテナンス』を受けていたそうです。

中村歯科クリニックの治療が始まって、腫れが落ち着いてきて、たずねたことが
『なぜ歯石を取らなければいけないのですか?』

それは
『歯石は歯周病菌が住み込んだアパート』のような存在だからです。
歯周病菌がプラークと共に歯と歯の間に残ると、唾液のカルシウム成分が固めてできるのが歯石。
軽石状のその形態は、歯周病菌にとって、歯ブラシの届かない隠れ家となります。
歯石の中でぬくぬくと活動する歯周病菌は毒素を産生し続けて、絶え間なく歯肉と骨を攻撃します。

だから、中村歯科クリニックの歯周病治療は、徹底して歯石を取り、除菌、口腔内フローラを整えることになります。

表面をブラシで磨いて茶渋を取ることを『メンテナンス』とは呼びません。
治療が厳しくて驚かれることもありますが、歯を失いたくない方が遠方からも受診される理由は、『妥協しない歯周病治療』の当院の姿勢にご理解いただいてのことであります。

若い人の重症の歯周病

先日、お若いのに歯周病に罹患して痛みと腫れにお困りの方が来院されました。

歯ブラシの見直し。
歯磨き剤の見直し。
磨き方の見直し。
お薬の処方。
見えている歯石の除去。

をしたのですが、少し歯肉に触れただけでも出血し、痛みを伴い、歯石の除去ができません。
お薬が効くのを2日待ちました。
その2日の間にも自分でできることは、歯磨きです。

音波ブラシを持っているので、それはOKです。でも、先端ブラシが固いので、ブラシのみを指定の柔らかい物に替えてもらい。
歯磨き剤は歯周病菌に効果のあるものを指定しています。
4時間おきに磨いていく。

これがポイントになります。
彼は、これから治療で良くなっていきます。。。。。。。。。。。。。。。。。他の歯医者で半年ごとにクリーニングを受けていたそうですが、中村歯科クリニックの細かすぎる歯周病治療と違って、優しく磨いてもらっていたようです。歯石はとらずに。

しかし、
もう一例は、緊急入院になりました。
きっかけは、親知らずの炎症からと思われますが。
1カ月前から腫れて痛かったのですが、他の歯科医院から紹介された総合病院に連携ができておらず診て貰えない。
痛みを我慢して1カ月がたったらしく。
痛みに耐えかねて、中村歯科クリニックを受診しました。
午前中最後の時間に来たのですが、口腔外科では間に合わない状況まで悪化しており、
歯科総合病院で入院も可能な大学病院に緊急紹介いたしました。
即日、午後に受診して、入院いたしました。

若い20代ですが、『歯周病で入院』するって事があるのを皆さんイメージできましたか?

中村歯科クリニックは地域連携もしています。
大学病院とも、、地域総合病院とも連携しております。
直接、病院とも電話連絡が可能です。
厚労省認可の『かかりつけ機能強化型歯科診療所』です。
歯科医師会会員です。

リウマチと歯医者・・私の原点

今日、思わず語ってしまった私の歯医者人生の原点とは、若い駆け出しの勤務歯医者の頃、総合病院での事。

総合病院の歯科室に勤務したことがあります。

そこで、入院中のリウマチのご婦人の歯の治療をしたのです。

若くて一本気だったので、ほとんどの銀歯を入れ替えて、口中のクリーニングをして・・・

全取り換えをしてしまいました。

ある日、治療日でもないのに、エレベーターの無い2階の歯科室にそのご婦人はやってきました。

看護師の若者に背負われながら、私の手を握り、涙ぐみながらお礼を言うのです。

『つらい梅雨の時期に、こんなに楽なことは今までなかったの。歯を治してもらって本当に良かったありがとう。』

そして、車いすではありましたが、退院していきました。

見送りながら、口の中のバイキンをはっきりと意識した瞬間でありました。

歯医者は科学者。。。。敵はミクロの細菌です。

体の奥深くまで侵入して、関節や血管を傷つけます。

歯医者は、口の中のバイキンの攻撃からあなたの身体を守るのです。

健康法の落とし穴『お酢』の害って知ってますか?

毎年、この季節になると、口中の歯の根元が溶けてしみる方が来院します。

虫歯というより、『酸食症』です。

昨日も健康番組で特集されていました、『お酢』の健康法の落とし穴・・・・歯が溶ける。

皆さん~~~虫歯にならないように歯を磨いていますね!

虫歯菌が酸を作って歯が溶けるからですね。

なのに、酸を口中にまんべんなく広げ、歯と歯の間に酢漬けの食べ物をはさんでいたりしたら・・・・溶けますよ歯

暑さに向かうこの季節には、お酢やレモンがさっぱりしてとても美味しいし、体は元気になるのです。

けれど、歯は溶けます。

困ったことに、28本全部溶けます。

神経のある歯はしみるようになるので、歯医者に駆け込んできます。

でも、患者さんは『お酢飲んでます』って言わないし、歯医者さんも『お酢飲んでますか?』なんて聞かない。

良く歯を磨いてくださいって言われるのが普通です。

神経の無い歯に至っては、1カ月もあれば跡形もなく溶けて無くなっています。

なかなかお酢の健康法で歯の不健康が起きていることに気が付くのは難しいのです。

『お酢の健康法』は私も大好きです。

サラダはレモン汁とオリーブオイルでいただいております。

ならば、口の中が酸性になっているのを中性に戻す必要があるのです。

アルカリ性の洗口液があります。

販売もしていますが、自分で手軽に作ることもできます。

中和する方法で対策しながら『お酢の健康法』は実践しましょう。

ロイテリ菌タブレット治療してます

今日(2018年6月7日)放送のモーニンショー番組内で 取り上げていた
乳酸菌のロイテリ菌タブレットを使った『口内フローラ改善治療』を行っております。
バクテリアセラピー治療の事です。
番組内で、白澤卓司先生が詳しく説明してましたが。

お口の中には沢山の菌が住んでいます。
微妙なバランスであなたの身体を守っている菌たちです。
悪い毒素を出す悪玉菌をいかに減らし。
人間の味方の善玉菌を増やし。
日和見菌達に味方に付いてもらう。
これを目指します。

悪玉菌(歯周病菌や虫歯菌)が増えると、なるリスクが上がる病気が

動脈硬化
心筋梗塞
脳梗塞
認知症
糖尿病
関節リュウマチ
ガン

実際に治療したケースがこれ
あなたも、ロイテリ菌コーティングで、病気を予防して爽やかな朝を迎えてみませんか?

中村歯科がお手伝いいたします。

定期点検でも救えない虫歯はあります(唾液が少ないとき)

かかりつけ機能強化型歯科診療所に認可されている当院では、毎月歯磨き管理に来ていただいてる方がいらっしゃいます。

90歳になる男性は、『何でもないよ。調子はばっちりだ』と毎月やってきます。
実は、10年前と違ってご自分で綺麗に磨くことが難しくなっているので、季節の変わり目には腫れて来ます。
歯周ポケットも5mmもあるところがあります。
それでも毎月の管理で、28本全て揃って何でも咬むことができます。
姿勢も良くて足取りもしっかり、お話もとても楽しんでいます。
唾液も十分な量を分泌しています。

85歳の男性は、15年ぶりにお目にかかりました。
殆どの歯が虫歯になり、治しても治してもすぐ取れてしまうと言います。
転医していらっしゃったので、原因の特定の為に唾液検査をいたしました。
治しても治しても、あっという間に虫歯になってつぎから次から歯が無くなってしまうとしたら、唾液が少なくなっている可能性があるからです。
唾液が少ない人の場合は、普通に磨いていても虫歯になって行きます。
唾液がとても少ない男性は、28本すべてに虫歯が見つかりました。
唾液を増やす体操を練習して、歯を磨いたらもうお疲れになってしまい、治療は次回からになりました。
お元気そうに見えても、とても疲れやすくて、治療がなかなか進みません。

この場合は月に1回では守れるかどうか不安です。
もっとマメに磨いてあげたいです。

唾液の量と質が、歯を守り。
免疫をあげて、病気からも守るのです。

矯正治療は何時始めるのか

赤ちゃんが生まれると、授乳から始まって、お口とお尻のお世話に忙しいですね。

母乳から離乳していくと、食べてくれるか何を食べさせるのか。

歯が生えてくると、虫歯にしないようにお世話が始まって、ちゃんと並んでくれるのか。

そこでもしも下の歯が上の歯よりも前に出ていたら・・・・矯正するのかどうか

それは何時からなのか

毎日のお世話に追われながらも、気になるテーマが、『歯並び』『咬みあわせ』です。

もしも下の歯が出ていたら、5歳で矯正治療を始めましょう。

もしも下の前歯がガタガタの並びだったら、7歳で始めましょう。

上の前歯がガタガタだったら、7~8歳で始めましょう。

その子によって少し早かったり遅かったりはしますが、大体の目安を書いてみました。

特に、12歳前に治療は始めてください。

小学校の内に始めましょう。。。。。。

あと3年早く来てくれていれば。。。。。。と思うことが良くあるので、あえて年齢を書きました。

健全な歯並びは大切ですから。

口の中が真っ赤っかその後2ヶ月

2月に娘さんに連行されてやって来た『口の中が真っ赤っか』のご婦人

3月には嫌々来たくないけど、皆に叱られるからしぶしぶやって来たご婦人。

家族に叱られながら、私に『また来てね!』『また来週ね!』

また勝手に指定の歯ブラシと歯磨き剤をやめて口の中血だらけになって、叱られて。

気持ちが同じ方向を向くまで1カ月かかりましたが。

とうとう『歯医者で口の中を綺麗にすると、全身が調子よくなってきた』を実感していただきました。

もう『お腹の中で腸が七転八倒大暴れで体が揺れてじっとして居られない』なんて苦しい日々からさようならしました。

お口の中はピカピカになりました。

何年も苦しんでいたのに、2カ月で。

娘さんには「そんなに口が汚かったの?それなら難病奇病にもなる訳だ!」とあきれられたそうですが。

良かったよかった 。。。。。家族もあちこち医者通いから解放されてホッとしていました。

歯医者で綺麗に手入れすると、お医者さんに通う苦しみが少し減るかもしれませんよ。

だから、『TV健康番組』が好きなあなた!

歯医者に行きましょうね。。。。

1 / 2812345...1020...最後 »

ページの先頭へ戻る