定期点検でも救えない虫歯はあります|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ

ブログ

定期点検でも救えない虫歯はあります

かかりつけ機能強化型歯科診療所に認可されている当院では、毎月歯磨き管理に来ていただいてる方がいらっしゃいます。

90歳になる男性は、『何でもないよ。調子はばっちりだ』と毎月やってきます。
実は、10年前と違ってご自分で綺麗に磨くことが難しくなっているので、季節の変わり目には腫れて来ます。
歯周ポケットも5mmもあるところがあります。
それでも毎月の管理で、28本全て揃って何でも咬むことができます。
姿勢も良くて足取りもしっかり、お話もとても楽しんでいます。
唾液も十分な量を分泌しています。

85歳の男性は、15年ぶりにお目にかかりました。
殆どの歯が虫歯になり、治しても治してもすぐ取れてしまうと言います。
転医していらっしゃったので、原因の特定の為に唾液検査をいたしました。
治しても治しても、あっという間に虫歯になってつぎから次から歯が無くなってしまうとしたら、唾液が少なくなっている可能性があるからです。
唾液が少ない人の場合は、普通に磨いていても虫歯になって行きます。
唾液がとても少ない男性は、28本すべてに虫歯が見つかりました。
唾液を増やす体操を練習して、歯を磨いたらもうお疲れになってしまい、治療は次回からになりました。
お元気そうに見えても、とても疲れやすくて、治療がなかなか進みません。

この場合は月に1回では守れるかどうか不安です。
もっとマメに磨いてあげたいです。

唾液の量と質が、歯を守り。
免疫をあげて、病気からも守るのです。

矯正治療は何時始めるのか

赤ちゃんが生まれると、授乳から始まって、お口とお尻のお世話に忙しいですね。

母乳から離乳していくと、食べてくれるか何を食べさせるのか。

歯が生えてくると、虫歯にしないようにお世話が始まって、ちゃんと並んでくれるのか。

そこでもしも下の歯が上の歯よりも前に出ていたら・・・・矯正するのかどうか

それは何時からなのか

毎日のお世話に追われながらも、気になるテーマが、『歯並び』『咬みあわせ』です。

もしも下の歯が出ていたら、5歳で矯正治療を始めましょう。

もしも下の前歯がガタガタの並びだったら、7歳で始めましょう。

上の前歯がガタガタだったら、7~8歳で始めましょう。

その子によって少し早かったり遅かったりはしますが、大体の目安を書いてみました。

特に、12歳前に治療は始めてください。

小学校の内に始めましょう。。。。。。

あと3年早く来てくれていれば。。。。。。と思うことが良くあるので、あえて年齢を書きました。

健全な歯並びは大切ですから。

口の中が真っ赤っかその後2ヶ月

2月に娘さんに連行されてやって来た『口の中が真っ赤っか』のご婦人

3月には嫌々来たくないけど、皆に叱られるからしぶしぶやって来たご婦人。

家族に叱られながら、私に『また来てね!』『また来週ね!』

また勝手に指定の歯ブラシと歯磨き剤をやめて口の中血だらけになって、叱られて。

気持ちが同じ方向を向くまで1カ月かかりましたが。

とうとう『歯医者で口の中を綺麗にすると、全身が調子よくなってきた』を実感していただきました。

もう『お腹の中で腸が七転八倒大暴れで体が揺れてじっとして居られない』なんて苦しい日々からさようならしました。

お口の中はピカピカになりました。

何年も苦しんでいたのに、2カ月で。

娘さんには「そんなに口が汚かったの?それなら難病奇病にもなる訳だ!」とあきれられたそうですが。

良かったよかった 。。。。。家族もあちこち医者通いから解放されてホッとしていました。

歯医者で綺麗に手入れすると、お医者さんに通う苦しみが少し減るかもしれませんよ。

だから、『TV健康番組』が好きなあなた!

歯医者に行きましょうね。。。。

マウスピースは大切

中村歯科クリニックではマウスピースをお勧めすることが多いです。

マウスピースを愛用している人と、持っているけどめんどくさいと放置している人に分かれますが。

今日は、放置するとどうなるかのあるエピソード。

タイプ1)あごの関節が変形して強く咬めなくなってしまった方

顎が痛くてあくびが上手くできないと言うので、関節のレントゲンを撮ってみると。。。関節の片方が無くなっている。

マウスピースで守っていると思っていたら、ここ数年使って無いとのこと。

骨粗しょう症になってしまった事と、従来の喰いしばりの癖をマウスピースで守らずに関節を壊してしまったのです。

残念ながら壊れた顎関節は現在再生出来ません。

タイプ2)夜中に頬を咬んで大出血の方

枕を毎晩赤く染めてしまうということでいらっしゃいましたが、マウスピースをしないようになってからのようで。

お話ししてから、再度マウスピースを使用開始して、怪我もなくぐっすり眠れるようになりました。

タイプ3)奥歯が痛い

痛い日と、痛くない日があるので、歯医者に来るべきか様子を診るか悩んだそうですが。

マウスピースをしないで歯ぎしりを夜中にした日は、朝から痛くて夕方に治る。

歯ぎしりをしなかった日は何でもない。。。。。。を繰り返して、歯周病になってしまいグラグラになって抜けてしまいそう。

歯を失う原因は歯ぎしりだったりするわけで、

皆さんが虫歯や歯周病に気を使うのと同じくらい『歯ぎしり』を気にしてほしい今日この頃です。

マウスピースをお勧めしたそこの貴方!

絶対使ったほうが良いからお作りいたしました。

是非、ご愛用ください。。。。。。。使わないと怖い事になります。。。。。歯を磨いても『歯ぎしり病』は防げないのです。

口の中が真っ赤かのその後

ピンクになってきていた・・・・口の中の粘膜も張が出てきていた

けれど

あれから、お見えにならない

やっと始まったばかりの、乳酸菌療法も中断。

まだ、リハビリ段階にも行ってません。。。。。。。

お口の健康はとても大切です。。。。。

それは、口から食道・胃・小腸・大腸・肛門までは、食べ物が通る道のようになっています。

細胞の作りが似ています。

口の中の粘膜が真っ赤にただれているということは、胃や腸も真っ赤かもしれないのです。。。。見えないけど。。。

口の中でよろしくない細菌が増えて、毒を吐きだしているとしたら、自分が常にその毒を飲み込んでいるとしたら

『お腹の中で腸が動き回って暴れて苦しい』という症状は、

上流の治療と言われる『口の中の清潔』が役に立つように思うのですが。。。。。

自分の唾液にむせるとき

若くても、自分の唾液にむせる事のあるあなた。

困っていませんか?

飲み込む機能は『喉の奥の筋肉』を鍛えると向上します。

リハビリしましょう!

年齢が高くなってくると、むせることができなくなって、唾液や食べ物が肺に入り誤嚥性肺炎になる場合があるのです。

その場合は、『むせる』ことで肺に間違って入ってくる食べ物を押し出す機能を高める事も大切になります。

『むせ』の練習と舌の筋トレや姿勢の補正などが必要になります。

若い人は、『むせる』ことはできるので、間違って気管に入ってきた食べ物や唾液を ゴホッゴホッと出すのは得意です。

だから、肺炎にはなりませんが、『むせる』のもチョット困りますね。

気管の方に入ってくるから『むせる』のです。

気管に入ってこないようにするには、やはり舌の筋トレが効果を出します。

舌の筋トレ指導やってますよ!

口の中の粘膜が真っ赤

シルバー世代(70代)・ブロンズ世代(60代)のご婦人が特に要注意かなぁ。。。。と思う今日この頃

口の中の粘膜が真っ赤っか。。。。お腹の調子も悪いご婦人。

TVの健康番組で口の健康が大切と、特集してから息子・娘達に『歯医者に行って来なさい』と言われしぶしぶやって来た方々。

口の中の粘膜が真っ赤。。。。ということは、口の中はピンクが普通(毛細血管が豊富な為)なのに。

毛細血管が増えて太くなって膨れて真っ赤。。。。炎症状態で、表面もなんとなくドロッと溶けそう。

そのような方こそ、お腹の調子が悪かったり、全身状態が悪かったりで病院通いに忙しい。

病院に送り迎えする子どもに『近所の歯医者行きなさい』って言われても、

『病院に行くのが忙しいから、歯医者なんて行ってられないの。』

口の中がただれても、通いの皮膚科に薬をもらって更にただれて、家族に叱られて歯医者に連行されてくる。

『だから、歯医者にいきなさいっていってるでしょーーー』。。。って。親子喧嘩してからの来院。

合わない薬でただれまくってまっかっか。。。。。歯ブラシは当てたら大出血で怖くて歯も磨けない。

お腹の中で腸も大暴れ。。。。唾液飲むたびにバイキンが入ってくるから腸だって七転八倒。

まず、歯ブラシができるところまで回復させる。

それから歯ブラシかけたり、歯石を取ったりが始められる。。。。。のに、

ちょっとピンクになったから『もう来なくていいですか?』・・って逃げ腰のご婦人。

いえいえ、治療はこれからですから、頑張って元気になりましょうね。

今日から歯ブラシ始めますよ!

やっと治療が始まるのです。

医療費削減には、歯医者の定期受診が早道だと思うのですが。。。。。。難病予防にも。

指しゃぶりをやめさせたい

3歳児で指しゃぶりの習慣があると、前歯が出ています。

チュッパする姿は赤ちゃん特有で、可愛さ満開ですが。

親も悩みの種で、もうそろそろやめたいですね。

どうしたら良いのでしょうか。。。。。。

誰でも上手くいくとは限らないのですが、一つの方法の提案です。

4歳になると、親の言うことを聞いてくれない時期が来ます。

『3歳までで、一生分の可愛さを使い切った』とまで言われるくらい扱いにくい、自我の芽生えが始まります。

この時期を利用してみてください。

『私、もうおねーちゃんだもん』

『僕、赤ちゃんじゃないもん』

なんて、言い出したらそこがチャンス。

『ちゃっぱは赤ちゃんだから、もう卒業だね』・・・・とか

1)自尊心をくすぐる作戦。

2)やわらかな脅し作戦

いっぱい外であそんできたから、その指の爪の間ににバイキンが付いてるかもしれないの。

ちゃっぱするとお腹痛くなっちゃうから、心配だからやめてね。。。。。とお願する。。。。とか

「指しゃぶるのは止めなさ~~~い!」って強く言うと、自分もイライラしちゃうし、こどもも不安になったり意地になったりしてグルグルめぐりして親子で辛くなっちゃうからね。

そこは、大人の対応で、やってみてね。。。。。。。子育て応援中村屋♪。。。。。。

横浜市3歳児検診

先日、3歳児検診の当番医でしたので、可愛い3歳児のお口を診に行って来ました。

この都筑区はお子さんの多い新興住宅地なのです。

そして、親の虫歯に対する意識がと~~~っても高い地域柄です。

かかりつけの歯医者でフッ素塗布を定期的にやっている3歳児も4割近く居るような気がするのですが。

皮膚感覚ですから、定かな統計ではありませんのでお許しください。

放置された虫歯は一人も無くて、1歳半検診の時に虫歯の初期と記録されていても、その後のケアの良さで、3歳では何の問題も無くなっていたりします。

チョット誇れる地域柄ではあります。

その中で気になるのは、歯列不正。。。。いわゆる矯正治療が必要になる予備軍。

3歳ではっきりしているのが、下顎前突。。。反対咬合です。

その原因になる、鼻の疾患と舌の異常。

どちらも口呼吸に関連しています。

『先日も小児科で口を閉じなさいと指導されて、口を押さるけど全然閉じない』と悩んでいたお母さんにお会いしましたが

口の周りの筋肉のリハビリトレーニング。

耳鼻科の治療による鼻呼吸への誘導はとても大切です。

横浜では乳児医療は補助が出ています。

今のうちに、鼻で呼吸ができるように

歯医者で口輪筋と舌のトレーニングに通い、耳鼻科で鼻つまりを解消しておくと、病気にも虫歯にも抵抗性のある元気な日々を送れるかも。。。。。。。

指しゃぶりも大きな問題です。。。。。。。今後に続く。。。。。

虫歯じゃないのに上の奥歯が痛い

歯が痛い

上の奥歯が痛い

でも、虫歯じゃない

そんな時、痛みが強い時間帯が大切なキーワードになります。

あまりに痛くてイライラしてやってくる患者さんは、

『朝の方が痛いですか?午後の方が痛いですか?』と聞くと、イラっとして一触即発のご様子の時があります。。。。。

『虫歯が無くても歯が痛い』にはそれなりの訳があります。

朝痛い人は、歯ぎしりのし過ぎの事が考えられるし。

午後痛い人は上顎洞炎が疑われるからです。

ぴょんぴょん飛んでもらったり、下を向いてもらって痛いのも同じ。

ぴょんぴょん飛んでみて!・・・・とか

チョット下向いて物を拾うしぐさをしてみてください・・・・なんて、歯医者でやるなんて想像できないかも。。。

でも、本当にある話です。

これに咬むと痛いが加わると、どの辺が痛いかによって筋肉痛なのか関節痛なのかリンパなのかの判別が入ってきます。

勿論、原因によって治療法は全く違ってきます。

歯医者が診てるのは、歯の穴と歯周病だけじゃないんです。

先日の上顎洞炎は歯医者だと薬が3日分しか出せないので、耳鼻科を訪ねてもらい2週間分の薬が出せる副鼻腔炎の治療に変えてもらうように患者さんにお話ししたのですが。

耳鼻科の言う副鼻腔炎ではないから耳鼻科では、薬が出してもらえませんでした。

副鼻腔炎はレントゲンで副鼻腔内の膿がたまっているかどうかを判断基準にしますが。

上顎洞炎と言っている歯科では、副鼻腔の炎症による圧力の高まりで歯の根尖部が圧迫されて歯が痛くてたまらない事も治療の必要な範囲になります。

困るのは、3日しか薬が出せない決まりだということです。

3日じゃ治らないので、3日ごとに通っては薬をもらうということになります。

忙しい現代日本人だと、結構3日ごとに薬をとりに来るのは大変で、気の毒でした。

痛みが引くまで4~5日かかり、それからも3日くらいは服薬しておかないと再発します。

今回は9日間かかりましたが、すっきり治りました。。。。。。上顎洞炎の原因は風邪の後遺症が多いです。

2~3週間前に風邪ひきませんでしたか?・・・・って言うのも大切なキーワードです。

1 / 2712345...1020...最後 »

ページの先頭へ戻る