パンのグルテンと口内炎|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ

ブログ

パンのグルテンと口内炎

ここは美味しいパン屋さんが沢山ある街です。

私もパンは大好きです。

でも、あえて書きます。。。。

その『グルテン』で、粘膜が炎症を起こすかもしれません。

そして、そのまま、朝食にパン・おやつにパン・昼食にパンで、午後のおやつもパンで、夜はうどん

なんて、極端な生活してると。。。。。

口の中が真っ赤っか

頬の粘膜が解けてドロドロ。。。。。

原因不明の全身不調。。。。。。腸壁がまっかっか。。。。。糖尿病予備軍。。。

ってことになるかもしれません。

実話です

小麦アレルギーにもなるかもしれません。

ほどほどに。。。食生活を見直してくださいね。

『抜く』と言われたら、CTで診てみましょう

インプラント治療はとても役に立つ治療法です。

ここでインプラント治療が上手くいくポイントとしては『骨があるかどうか』です。

歯が歯周病や根管不良で抜けた場合は、骨が十分に残ってないことが多いです。

そこに、患者さんの『抜きたくない感情』と相反することがあります。

ギリギリまで病んだ歯を残す『抜かない治療』が骨を破壊してしまうと、インプラント治療にも不利な骨の状況になると言う事。

インプラント治療成功の鍵となる『骨が十分にある』ということが、

早めの『抜歯』という判断。。。。。につながることがあります。

骨の保存ができないならば、早めに抜歯してインプラント。。。。は、お勧めの治療判断です。

抜かない治療でも骨の保存ができるなら抜かないで、治療します。

骨の保存ができないのに、『抜かない治療』に固執すると、抜けてから骨があまり残っていません。。。。

インプラントもできないし、入れ歯も安定しそうにないとなったら、QOLが下がります。

抜くか抜かないかは、感情的な情緒的な判断ではなくて、『骨を守れるか』なのです。

そこを説明できるのがCT画像だったりします。。。。。。

『かかりつけ歯医者』とそこまで突っ込んで話ができていますか?

CTで見ると抜かずに治る歯が増えています

CTを使うようになって4年以上たちました。

この4年で何が変わったかというと。

抜く歯が減りました。。。従来のレントゲン象は2次元なので影絵的な診方になります。

CT導入と合わせて、最新の根管治療の方法に変えたので、抜かずに治せる率が増えたのです。

使う器具も使う薬も最新の治療法です。

外科用マイクロスコープは使いません。。。。小回りの利く実用的な、強拡大の外科用ルーペを使っております。

根っこの先にできた嚢胞(膿の袋)の大きさや方向も的確につかむことができます。

CTはメジャーが付いているので測ることができます。

何ミリ下のどの位置に傷があるのか診えるのです。

インプラントを打つ方向を決めやすくなりました。。。。顎の骨の密度が3次元で見る事ができます。

治療の精度があがっているのです。

あなたの歯を大切にしたいと思っております。

なるべく抜かない・削らない治療ならこれ

『なるべく歯を抜かない治療』とは、そっぽ向いてる歯を抜かないで並べる矯正治療。

『なるべく歯を抜かない治療』なら、歯周病は歯石とりから始まって、再生療法まで長期に丁寧に。

『なるべく歯を抜かない治療』とは、感染根管治療の徹底と根の外科手術。

『なるべく歯を抜かない治療』って、時間をかけて、歯の不具合と向かい合い、丁寧に感染してしまった『歯』を綺麗にしていく治療のことです。

『なるべく抜かない』ってことは、治療に時間がかかります。。。。。

抜くしかない…仕方ない時とは。。。。。。歯が割れているときです。

でも、

中村が『割れている歯』でも抜かない時があります。

それは、縦に割れてるか横に割れてるかによります。

そして、『1年待ったら歯にできるかもしれないから待ってね』と。1年後に歯を作ることになったり。

『漬け込み滅菌』するから、2カ月待ってね。。。。の根管治療などなど。。。。せっかちにちゃっちゃか動いて治療してるくせに、

気長な治療もします。。。。。抜かない治療って、ほおっておくことではなくて。

その歯を今後どう使うのか。。。計画と展望がある治療です。

歯列矯正しなかったなら。。。。どうなるかの1

歯列矯正は治療費が高いので、やるかやらないか悩みますね。

中村歯科クリニックは歯列矯正もやっています。そして、一般歯科治療もやっています。

歯並びが良くなかったことで、歯を失うことになっただろう。。。と思う治療に向き合うことが多くあります。

日本人は、上の顎が狭くて、下顎が大きくなることが多くあります。

『反対咬合』の一例です。

必ずそうなると言う事ではありません。
参考にしていただくこととして、一例として書いています。
50歳になるころに、下の奥歯が奥から順番に歯周病でなくなることがあります。
力がかかりすぎるのです。
一番奥の歯が無くなると、より一層 下顎が前に出て来ます。
奥歯が1本だけ無くなったときにできることはインプラントです。
インプラントしない時は、何もしないことが多いです。

必ずそうなると言う事ではありません。
参考にしていただきたい一例です。
前歯の傾きが逆の為に、歯根の元の方が骨から出てきてしまうことがあります。
虫歯では無いのに、神経を抜いたり抜歯になったりして前歯を失います。

入れ歯を作るときには、上の顎が更に小さくなります。
落ち着いた入れ歯が作りにくくなります。

咬む力の方向が理想形でない為に、50代で無理が出て来ることがあるのです。

一生自分の歯で咬むために、参考にしていただけると幸いです。。。。
矯正治療は見た目の改善では無くて、咬む話す食べる生活に有効です。

若いのに歯を失ったら人生ボロボロ・・・なんてこと無いからね。

1本の歯を失ってしまった若い女性や。。。。。

前歯が真っ黒になってしまった若い女性が。。。。。

『私の口は見せられない程ボロボロなのです』と悲しそうに、力なくおっしゃいます。

大丈夫ですよ。

今、日本は全てに完璧を求めて『個性』を尊重するあまり、『個性』を失っている時代に居ます。

あなたが何かに夢中に懸命に生きてる中で、『口の中の管理が上手くいかなかった時期があった』って事ですよね。

そして、『今』

歯を大切にしよう。。。。。そのために行動しよう。。。。っていう時期が来た。

だから、今日から

歯をどうやって大切にしたら良いのか。

これからどうやって『口から始まる体の健康を実践していくか』に、真剣に取り組みましょう。

『よーし、これから歯も大切にするぞ~~~』って、胸張ってください。

中村歯科クリニックが後押しします。

ベロ咬んでいると、全身不調になるのは

ベロかんでませんか?

舌が大きいと感じたことはありませんか?

頭が痛かったり、腰が痛かったり、首が曲がってたり、とにかく全身不調だったりしていませんか?

舌は筋肉です。。。。。って言うと皆さん驚きますが。

焼肉屋さんで、牛タンたべてませんか?・・・人間も同じに筋肉でできています。

舌があるべき定位置とは、上の前歯の内側のちょっと手前に先端をあてて、上顎にキュッと張りついている位置です。

舌先が下の前歯に当たっていると下顎が出ます。

本当は、上に張り付く為に陰圧になっているので、ちょっとした舌の筋トレになっているのですが。

全く張りつかずに脱力していると、大き目のふわふわ舌に成長しポッテリしています。

常に筋トレ状態の普通の舌はキュッと引き締まって薄目。

ポッテリした舌を軽~~く咬んでいる人。。。。。奥歯しか咬んでない

前歯が正しく機能をしないので、奥歯が痛む。

通常より前方に舌が出ている為に、舌の筋膜が引っ張られてる。。。。。。

舌骨が拳上されてる。

咽頭部が狭くなり、首が前傾し、呼吸が損なわれる。。。。。そして全身不調が始まる。。。。。

そこで、必要なのが筋膜リリース

でも、どうやってやるの>>>>>>>>>>>>>誰も教えてくれません。。。。。。

効果を発揮するのが、『あいうべ体操』で筋トレと矯正治療で保定。

あいうべ体操で筋トレしながら、はさめないように咬みあわせを矯正してきっちり閉めちゃう。

舌骨を下げる筋肉のストレッチ。。。。。。。

それってどうやるの????って悶々としちゃうでしょうが。。。。

どう説明したらいいのか。。。。考えときますね。。。。

見えてない歯石を取ってもらうには

『定期的に歯医者でクリーニングしてもらってます』って言う人が60%を超えて来ました。

都筑区では意識の高い人がとても多いので、実感としては70%くらいに感じています。

虫歯ができていないかどうかの点検

歯周ポケットが健全かどうかの点検

歯石が付いてないかの点検

見えてる歯石を取って、つるつるに磨き上げる。。。。。。。。のですが。

見えてない歯石はどうするの????????

ポケットが深くなっていたり、歯肉の形が変型しているとき。

右利きの人なら、右前歯の周辺

左利きの人なら、左前歯の周辺

付いてることが多いのです。。。。見えてない歯石。

歯石は取らなきゃいけません。。。。。その理由はここ

見えてない歯石をとるには、別日に丁寧に歯医者に取ってもらい、歯医者か衛生士さんに磨いてもらうことが必要なのです。

1回で終わって良かった。。。とか、2回に分けたからぼったくりだ。。。。って思うのはちょっと違うのです。

あなたの健康を考えているから。。。。。一回では済まない時は、もう一回。。。。。来てくださいね。。。。

綺麗な入れ歯に驚く人続出

『入れ歯』って抵抗感大きいですよね。

使い始めるときのハードルの高さは、気持ちがウツウツして外出もしなくなるほど、考えただけで笑えなくなったりします。

『入れ歯』といっても、見えない分からないように作ったとしたら

笑えます。

息が漏れて話が伝わらないなんて悩みも解消されます。

歯が抜けてしまったならば、『歯抜け』のままにするよりも『綺麗に作った入れ歯』を使ったほうがHappyですよ・・・・きっと。

長年放置して歯がボロボロの人の治療

長年放置して、歯医者に行くのがなんだか敷居が高い人。

来てみると、2回で綺麗になってしまう。

その意外な治療法は。

『入れ歯』です。

『長年放置して、歯がボロボロ』というと、

どうなるんだろう・・・何を言われるんだろう

いくらかかるんだろう

不安でいっぱいですね。

そんな時は、入れ歯を選んでみてください。

一番早くて安いです。

使ってみると、美味しく早く食べることができるようになります。

問題があるとしたら、発音が変わってしまう事。

いつもどおりには発音できなくなります。

使いこなすのは、沢山話すことが必要で、音読をお勧めしています。

沢山話して、舌の動く範囲の適正な位置を自動修正しましょう。

そして、お手入れには入れ歯用の歯ブラシ『義歯ブラシ』を購入してください。

1 / 2912345...1020...最後 »

ページの先頭へ戻る