『抜く』と言われたら、CTで診てみましょう|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]歯周病 > 『抜く』と言われたら、CTで診てみましょう

『抜く』と言われたら、CTで診てみましょう

インプラント治療はとても役に立つ治療法です。

ここでインプラント治療が上手くいくポイントとしては『骨があるかどうか』です。

歯が歯周病や根管不良で抜けた場合は、骨が十分に残ってないことが多いです。

そこに、患者さんの『抜きたくない感情』と相反することがあります。

ギリギリまで病んだ歯を残す『抜かない治療』が骨を破壊してしまうと、インプラント治療にも不利な骨の状況になると言う事。

インプラント治療成功の鍵となる『骨が十分にある』ということが、

早めの『抜歯』という判断。。。。。につながることがあります。

骨の保存ができないならば、早めに抜歯してインプラント。。。。は、お勧めの治療判断です。

抜かない治療でも骨の保存ができるなら抜かないで、治療します。

骨の保存ができないのに、『抜かない治療』に固執すると、抜けてから骨があまり残っていません。。。。

インプラントもできないし、入れ歯も安定しそうにないとなったら、QOLが下がります。

抜くか抜かないかは、感情的な情緒的な判断ではなくて、『骨を守れるか』なのです。

そこを説明できるのがCT画像だったりします。。。。。。

『かかりつけ歯医者』とそこまで突っ込んで話ができていますか?

[ブログ]歯周病 新着ページ

ページの先頭へ戻る