その治療を長持ちさせるには|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]インプラント > その治療を長持ちさせるには

その治療を長持ちさせるには

沢山の虫歯を持っていて、咬みあわせも崩れている方が、時間とお金をかける覚悟をして治療を始めると。

下の歯を削らないと上の歯が作れない・・・・とか

ボロボロの根っこはまず抜かないと、歯が作れない・・・とか

治療が落ち着くのに6か月くらいかかる・・・・とか

保険治療とは言っても、それだけやると10万円近くかかります・・・・とか

治療の全貌をご説明すると、必ず聞き返されるのが

『それは、長持ちするのですか?』

という問いかけです。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

もっと長持ちする方法は無いのですか?・・・と言われたら、多分今ならインプラントです。

今の状態から、回復させるには、100万円以上かかります。。。。。。。。。。

歯を抜かなければならない程壊れてしまうということは、抜いた歯の分まで、他の歯が力を受けると言う事で、無理をさせるのです。

取り外しの入れ歯も、歯の無いところに力を受けるのですが、歯にも頼りますから、やはり無理をさせるのです。

意外に無理をさせないのがインプラントです。

足りなくなった分を足すので、他の歯に無理をさせません。

インプラントじゃなかったとしても、自費診療にあたる精密技工補綴物の方が長持ちします。

歯を長持ちさせるには、『バランスよく咬める歯並び』『手入れのしやすい歯並び』『適切な手入れ』『歯ぎしりで無理な力をかけない保護』が必要です。

バランスの良い、手入れのしやすい歯を作って、日々の手入れと保護をすると、長持ちするのです。

[ブログ]インプラント 新着ページ

ページの先頭へ戻る