フロスを使っても歯肉が腫れ無い方法|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > フロスを使っても歯肉が腫れ無い方法

フロスを使っても歯肉が腫れ無い方法

先週のNHKの朝番組で、歯周病ケアを特集していました。

勿論、良い事を言ってくれてましたが。。。。。。。。。ここで、ちょっと小言を。。。。

デンタルフロスを歯肉ポケットの入れるという解説について

プロの清掃が一度もされていない歯肉ポケットには大量の細菌が居ます。
TVご出演の先生の患者さんは、プロの清掃を受け、歯ブラシ指導も受けた後の方なので、歯肉ポケットにフロスを少々突っ込んでも問題はありません。
だから、間違ったことは言ってません。

しかし。

普段、歯医者でプロのケアをしていない方のポケットには大量に細菌が居ますので、普段通りの歯ブラシによる普段通りのブラッシングをした上での、フロっシングでは、『フロス後の歯ブラシもう一度を追加してください。』

そうしないと、バイキンに負けてリンパ節がゴリゴリし、口全体の歯が浮いて咬むと痛い。

ということになるかもしれません。。。。。。。。。。
普通の方は、デンタルフロスの後にもう一度軽く歯ブラシによるブラッシングをしてくださいね。

TVに影響されて、すでに腫れちゃった人は、早めに歯医者さんに行きましょう!!

当院にも、このワナにはまった患者様の来院がポチポチと・・・・・・もっと早く書いておくべきでした。。。。ゴメンナサイ。。。。。。。

ブログ 新着ページ

ページの先頭へ戻る