ベロ咬んでいると、全身不調になるのは|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]病気にならない生き方 > ベロ咬んでいると、全身不調になるのは

ベロ咬んでいると、全身不調になるのは

ベロかんでませんか?

舌が大きいと感じたことはありませんか?

頭が痛かったり、腰が痛かったり、首が曲がってたり、とにかく全身不調だったりしていませんか?

舌は筋肉です。。。。。って言うと皆さん驚きますが。

焼肉屋さんで、牛タンたべてませんか?・・・人間も同じに筋肉でできています。

舌があるべき定位置とは、上の前歯の内側のちょっと手前に先端をあてて、上顎にキュッと張りついている位置です。

舌先が下の前歯に当たっていると下顎が出ます。

本当は、上に張り付く為に陰圧になっているので、ちょっとした舌の筋トレになっているのですが。

全く張りつかずに脱力していると、大き目のふわふわ舌に成長しポッテリしています。

常に筋トレ状態の普通の舌はキュッと引き締まって薄目。

ポッテリした舌を軽~~く咬んでいる人。。。。。奥歯しか咬んでない

前歯が正しく機能をしないので、奥歯が痛む。

通常より前方に舌が出ている為に、舌の筋膜が引っ張られてる。。。。。。

舌骨が拳上されてる。

咽頭部が狭くなり、首が前傾し、呼吸が損なわれる。。。。。そして全身不調が始まる。。。。。

そこで、必要なのが筋膜リリース

でも、どうやってやるの>>>>>>>>>>>>>誰も教えてくれません。。。。。。

効果を発揮するのが、『あいうべ体操』で筋トレと矯正治療で保定。

あいうべ体操で筋トレしながら、はさめないように咬みあわせを矯正してきっちり閉めちゃう。

舌骨を下げる筋肉のストレッチ。。。。。。。

それってどうやるの????って悶々としちゃうでしょうが。。。。

どう説明したらいいのか。。。。考えときますね。。。。

[ブログ]病気にならない生き方 新着ページ

ページの先頭へ戻る