口臭の原因は唾液の減少かもしれません|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]予防歯科 > 口臭の原因は唾液の減少かもしれません

口臭の原因は唾液の減少かもしれません

口臭の原因といったら『歯周病』が一番に考えられますが。

それだけではありません。

1)歯周病

2)虫歯

3)副鼻腔炎

4)唾液の粘つき(サラサラ唾液が少ない)

5)胃腸の病気

こんなにあるんです。

『歯周病』と『虫歯』は見ても分かります。

副鼻腔炎は鼻の病気なのですが、声が鼻に抜ける、咳が止まらない、頭痛がする、口臭がするなどの症状を伴うので問診でわかります。

意外にわからないのが、『唾液の量の減少』です。

唾液検査は自費診療なので、お勧めしても断られることも多いのですが。

唾液が少なくなる『ドライマウス』は重症になって初めて症状が出ます。

重症化して唾液腺組織が委縮してしまう前に、唾液量の減少に気が付くと、食事指導・マッサージ指導などで改善できます。

唾液が出なくなること口が渇くことで、口腔内の細菌叢に変化が起きて、原因不明の病気になるのか?

難病が唾液を減らすのか?

病の治療薬が唾液を減らすのか?

どちらが先なのかはまだわかりませんが、病気にならない生き方を模索する当院では、唾液の量と性質はとっても大切なポイントなんです。

体の体液循環を活発にして、唾液を増やして全身を守ろう。。。。。なんて日々思っているのです。

唾液検査で、あなたの健康を守りたい。。。。。。

[ブログ]予防歯科 新着ページ

ページの先頭へ戻る