唾液が弱いと言われたら|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > 唾液が弱いと言われたら

唾液が弱いと言われたら

唾液検査で虫歯になりやすい人なのか、なりにくい人なのかを判定できます。

今では極ポピュラーな簡単検査ですので、他院で検査をしたことがある方も多いので、その結果をお聞きすることがあります。

唾液の力が弱いと言われても、対策は何もしていないことがほとんどでした。

そして、そのような方は、虫歯も多く悩みは解決されていませんでした。

『唾液が弱い』というのは、中性に戻すのに時間がかかるということです。

食事後に酸性になってしまった口の中は、歯が解け始めています。

それを 解けないように中性にしてくれるのが唾液です。

早く中性にもどせるかどうかが、唾液の力『唾液緩衝能』と表現されています。

素早く中性に戻す力が弱い場合、歯からミネラル分が溶け出します。

ガムを噛む刺激で、唾液量を増やし、失ったミネラル分を歯に再び戻す為に。

私がお勧めするのは、リカルデントガムです。

唾液の量を増やす働きがあります。

食後の酸性に傾いた口の中を早く中性に戻してくれます。

その上、溶け出したカルシウムなどのミネラル成分を歯に取り込んで、虫歯の修復をしてくれます。

フッ素のうがいも効果はありますが、ガムの方がお出かけ先でも使えます。

美味しい分、子供さんにも嫌がられません。

ガムの噛めない方には、リカルデントペーストを用意しています。

弱いからってガッカリしないで、対策しましょうね!!

 

ブログ 新着ページ

ページの先頭へ戻る