夏休みに子どもの虫歯ができるわけ|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]予防歯科 > 夏休みに子どもの虫歯ができるわけ

夏休みに子どもの虫歯ができるわけ

もうすぐ夏休みが終わろうとしていますが、お子さまの虫歯チェックはお済ですか?

学校の春の歯科検診で虫歯が指摘されてなくても、何故か夏休みに子どもが虫歯を作ってきます。

子どもたちはとっても汗っかきです。

リオオリンピックに沸いたこの夏は得に、スポーツに少年少女が熱中した事でしょう。

熱中症予防の為にも水分補給にスポーツドリンクを何リットル飲んだかしら・・・・

飲んでは、走る。。。。汗をかき。。。飲んでは走る。。。。

意外に口の中が粘るのを知っていますか?

水ではないので、塩分も糖分もはいっています。。。。。

そして、お腹が空いて、食べて、ドリンク飲んで、疲れて帰るとゴロゴロ昼寝でエネルギーチャージ。

エネルギー溜まったら、友達とポケモンGOに飛び出していく。。。。。。

意外に口の中はべたべたのまま。。。。。。。

そして、1カ月がたったころ、うっすら歯の表面が茶色になってくる。。。。忍び寄る『スポーツドリンク虫歯』

歯医者さんで、クリーニングの上フッ素塗布を受けましょう。

夏休み明けには、お子さんの虫歯チェックをお忘れなく~~~

[ブログ]予防歯科 新着ページ

ページの先頭へ戻る