子どもの歯に白い斑点があるときの治療|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]予防歯科 > 子どもの歯に白い斑点があるときの治療

子どもの歯に白い斑点があるときの治療

6歳ともなると乳歯から永久歯への転換期に入ります。

6歳から12歳までが歯の交換期間で、12歳くらいで大人の歯が出来上がるのです。

永久歯は、未熟なままで口の中に生えて来ます。

そして、お菓子も食べる小学生のこの時期に、口の中にエナメル質が未熟なまま存在する生えたて永久歯。

白い斑点ができてたりしませんか?

これなんだろう???????って、思いませんか?

綺麗に象牙色に並んでほしいのに、マダラ

これで大丈夫なの?

大丈夫じゃないです。

日本の保険治療は『穴が開いた』とか『腫れた』とか『痛い』とか『咬めない』とかのいわゆる症状というものが無いと治療適応になりません。

この、大丈夫じゃない白マダラはどうなのかというと。。。。。

『エナメル不全』

放っておくと、虫歯に発展する可能性大。

ということで、『かかりつけ歯科医強化型歯科診療所』では

歯ブラシ指導

アパタイト塗布

フッ素塗布

食事指導とおやつ指導

などなど、あれこれお世話しております。

エナメル質を熟成して強い歯質を育てております。

お子様の歯に白いマダラを発見したら、放っておくより歯医者で相談してみてください。

。。。。中村歯科クリニックは保険治療でお世話しております。。。。。。。

ちなみに、『大人の白マダラの歯』もお世話しております。。。。。アパタイトはちょっと高いけど効果あります。

白マダラを発見したら、顆粒の入った歯磨剤は絶対使わずに、アパタイトとリカルデントペーストを使ってミネラル補給。

[ブログ]予防歯科 新着ページ

ページの先頭へ戻る