抗がん剤の副作用といわれる口内炎に対処する一方法|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]病気にならない生き方 > 抗がん剤の副作用といわれる口内炎に対処する一方法

抗がん剤の副作用といわれる口内炎に対処する一方法

癌と戦う中で、口腔内を清潔に保つことが大切だと言うことが認知されてきています。

口の中を定期的にクリーニングに来ていただいている患者さんが、とても増えています。

その中で、抗がん剤治療中の方が悩む症状の一つに、『口内炎』があります。

食欲も無く、吐き気に悩まされたり、辛い治療に立ち向かっている人々に追い打ちをかけてしまう『口内炎』です。

主治医からは、塗り薬と貼り薬を頂いてひたすら我慢していらっしゃる皆さんに、一つ提案しています。

粘膜が薄く切れやすくなってしまうのに、口の中にある歯は、肉をも切り裂く形のままです。

その『歯の角を丸める事』を提案しています。

元気な時には気にならないちょっとした歯のとがりも、抗がん剤を使っている時期には自分の舌をこすり切り裂く凶器になっている。

そこを丸めても、虫歯になることは無いし。

食べるのに困ることはありません。

舌にできる辛い口内炎には、歯の角を丸める事とレーザー照射が効果を示します。。。。。。。。

[ブログ]病気にならない生き方 新着ページ

ページの先頭へ戻る