日本人ならでは・・・の悩み|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > 日本人ならでは・・・の悩み

日本人ならでは・・・の悩み

『アタッチメント義歯』を作っている最中のご婦人が、はにかみながらおっしゃいました。

入れ歯って・・・お寿司がおいしくないんですよね。入れ歯になって初めて気が付きました。」

そうなんですね。

お寿司って、すし飯の上には、独特の硬さ・やわらかさ・厚みをもったネタがのっています。

新鮮な魚介のほのかな香りを味わうことが、難しいのです。

その上、噛みにくいネタも多いのです。

 

ずいぶん前の事ですが。

ある紳士が、内科のお医者さんの紹介で来院されました。

上の歯の並びの広がりかたが大きくてと、下の歯の並びが小さくて、入れ歯が噛めないと悩んでいらっしゃいました。

上の入れ歯を とっても珍しい形に作りました。

噛めるようになったので、喜んで、3日目にお寿司屋さんに行かれたそうです。

入れ歯は口の中で3個に粉砕してしまいました。

噛める入れ歯は、力をかけることができるために、タコうやイカも食べられます。

でも、樹脂だけで作った入れ歯は、壊れやすいのです。

金属で作り変えてからは、イカもタコも食べられます。

 

入れ歯とお寿司の関係は、微妙に繊細なんです。

 

大丈夫です。

ピタッと動かない、噛める入れ歯ができますから。

お寿司もおいしくいただけますよ!

待っててください。

もうすぐ出来上がります。。。。。。。。。。。

ブログ 新着ページ

ページの先頭へ戻る