根管治療にラバーダムがしたい|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]歯周病 > 根管治療にラバーダムがしたい

根管治療にラバーダムがしたい

先週、とても悲しいことがありました。

歯の根っこの治療『根管治療』は唾液からの感染を防ぐことが治療の予後を左右します。

下の奥歯は唾液に侵入されないように治療するのは難しいのです。

保険治療の中から、『ラバーダム』が無くなってもう10年以上たつと思います。

患者さんにとっては楽ではないのかもしれませんが、根管治療中は口を閉じてはいけません。

感染してしまうからです。

その方は、すぐに口を閉じてしまうので唾液が流入してしまいます。

2回目の治療には、ラバーダムを使いました。

唾液の侵入は起こらないので、治療に集中できます。

狭窄した湾曲根管をさぐる根気のいる治療でした。

ようやく穿通して長さも測れたので、その日の治療を終息させると。

その人は何も言わずに立ち去りました。

すたすたと出て行って戻ってきませんでした。

保険の治療からラバーダムは無くなりましたが、歯を感染させない為にとても有効なアイテムです。

まだ治療は完結していません。

周りの下奥歯は3本とも黒い影を持つ感染歯です。。。。。

私が大切に思う貴女の歯を、貴女が大切にしてくれないのがとても悲しい。

[ブログ]歯周病 新着ページ

ページの先頭へ戻る