歯磨きペーストは何歳から使えるかというと|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]予防歯科 > 歯磨きペーストは何歳から使えるかというと

歯磨きペーストは何歳から使えるかというと

赤ちゃんに乳歯が生えてきたら、歯を磨きましょう。

平均的には6か月から生えはじめて、3歳で乳歯がほとんど生えそろいます。

でも、個人差があるので慌てないでくださいね。

歯が生えてきたら、気になるのが虫歯予防ですね。

フッ素は塗ったほうが良いのか?   

歯ブラシぺーストは使ったほうが良いのか?

ペーストは飲み込んでも害はないの?

中村歯科クリニックでは、

すべてを飲み込んでしまう年齢には『ペースト無』で歯ブラシを使う事をお勧めします。

それは、何歳?かというと、早くても1歳半。。。『ぶくぶくぺー』ができてからです。

赤ちゃんにペーストを飲ませてしまうのはあまりよろしくないと考えています。

大人でさえも飲み込んでいないペーストを、体が小さくて、肝臓もまだ未発達な乳児に飲ませたくない。

そして、『ぶくぶくぺー』は教えないとできません。

1歳半を過ぎたなら、『口の中で水をかき回すこと』『口から出すこと』をトレーニングしていきます。

そのためには空気で練習します。

にらめっこしましょ、笑うと敗けよ、あっぷっぷ~~~と遊んで唇の周りの筋肉を鍛えてください。

そして、ペーストは『オーラルピース』を使いましょう。

『オーラルピース』は障害児の保護者が開発した抗菌ペーストで、飲み込んでも害のないものでできています。

上手に吐き出すことができるようになったら、フッ素高配合のペーストに変えていくことができます。

[ブログ]予防歯科 新着ページ

ページの先頭へ戻る