知覚過敏歯磨きで痛くてどうしたら良いか分からない時|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]女性歯科 > 知覚過敏歯磨きで痛くてどうしたら良いか分からない時

知覚過敏歯磨きで痛くてどうしたら良いか分からない時

女性に多いのですが、最近、歯肉が薄くてチョット弱弱しくて。

本人もとても心配していて、力弱そうな(力強くない)印象の歯肉がめくれてきて、歯が伸びて、冷たい水がしみる状態。

一生懸命に、知覚過敏歯磨きでこすればこするほど痛くて、どうしたら良いかわからない方。。。。増えてます。

アレルギーなのか、感染症なのか。。。。。

アレルギーを疑って、薬剤を排除して歯磨きは歯だけを磨く。歯ブラシは感染除去の為に消毒をし、歯磨剤は使わない。

小麦粉食品を禁食し、刺激のある辛い食材も禁止。

さらに、歯ブラシは低刺激の指定歯ブラシ(クラプロックス)を使ってもらう。

痛い歯を特定して、包帯を巻く。。。。。。

虫歯じゃない

歯周病じゃない

知覚過敏歯磨きを使ったら更に痛くなる

痛くて、患者さんをパニックにおとしいれる。。。。。。

思い込みとマスコミに翻弄され、一生懸命磨きすぎた病。

歯医者と共にそーっと治します。

『えっ?何やったの?痛くない。。。。』と驚かれるけど、それが医療の実力。

一生懸命な気持ちを正しい方向に向けたサポートをします。。。。。貴女に必要なカウンセリングがここにあります。

中村歯科クリニックです。

[ブログ]女性歯科 新着ページ

ページの先頭へ戻る