糖質制限をすると歯周病は悪くならないのか?|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]歯周病 > 糖質制限をすると歯周病は悪くならないのか?

糖質制限をすると歯周病は悪くならないのか?

『糖質制限』と言うと、一般に炭水化物を食べないよう制限する食事方法です。

砂糖ももちろん糖質なので、糖質制限食ならば、砂糖や果糖は制限しています。

糖質制限していれば、きっと虫歯にも歯周病にもならないんじゃないのかな?というイメージをだいている方がいらっしゃいますが。

1)口の中に糖分を入れないことで、プラークが減る

2)虫歯菌が糖分を代謝して酸を作ることができなくなるので虫歯になりにくい

3)糖尿病が改善することで、糖尿病の方が、歯周病などの感染症に対して抵抗性が増す

などの良い事もあると思います。。。。。。。が。。。。。。期待しちゃいけません。。。。。

歯周病菌は、存在するだけで炎症を起こさせます。

歯周病菌を減らすことが大切なのです。

基本の3ステップで頑張りましょう。

[ブログ]歯周病 新着ページ

ページの先頭へ戻る