赤ちゃんからの歯育て|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > 赤ちゃんからの歯育て

赤ちゃんからの歯育て

地域の『パパ・ママ教室』などでは、新米ママと新米パパに8回くらいの説明会が開かれます。

抱っこの仕方や、お風呂の入れ方、おむつの変え方、などなどの中に、歯科指導もあります。

内容は、妊娠期間中の歯周病菌感染と喫煙による赤ちゃんへの悪影響が中心です。

生まれてからの赤ちゃんに、虫歯菌と歯周病菌を感染させないように、スプーンや箸を共有しないように指導します。

その上で、思いますに。。。。。。。。

ハイハイを沢山させてあげて欲しいと考えています。

ハイハイをすることで、体幹の筋肉が鍛えられます。筋肉は筋膜につつまれて、全身につながり関連をもっています。

背中が丸くなって、頭が前に傾斜し舌が口からはみ出してしまう乳児に、背筋を正して舌を口の中にしまって、口を閉じて食べることを教えるのはとても大変です。
おそらく教えることはできないと思います。
話せばわかる年ではありません。
ハイハイをすると呼吸器が強くなり、ぜんそくや扁桃腺肥大を避けられると昔から言われています。。。。。体幹が鍛えられるからかとおもいますが。
姿勢の問題。食べ方、食べこぼしの問題。歯並びの問題。。。。。。にもとても良い影響があると思われます。

歯育てに、ハイハイを。。。。。お母さん歯医者はお勧めしています。

ブログ 新着ページ

ページの先頭へ戻る