銀歯が外れた時虫歯になってるのは|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]審美歯科 > 銀歯が外れた時虫歯になってるのは

銀歯が外れた時虫歯になってるのは

先日、『銀歯が外れると必ず虫歯になってると思うんです・・・・何故ですか?』

とても率直にお尋ねいただいたので。。。。。

チョット専門的な説明をさせていただきました。

最近は銀歯でもプラスチックセメントでつけることが多くなりましたが。

以前は合着材でつけていました。

プラスチックセメントなので、唾液に溶けません。

以前の合着材は唾液に溶ける性質があるので、5年くらいで溶けて歯と銀歯の間にミクロの隙間ができます。

ここで、唾液の力が弱かったり、歯ブラシが上手でなかったり、常に甘いものを食べていたりすると

銀歯の下で虫歯がすすみ、やがてポロッとはずれます。

ところが

プラスチックセメントと接着剤のダブル使いで接着させると隙間ができてこないので、はずれません。

けれど、強い力がかかると(歯ぎしりの事です)破折してきます。

だから、近頃、『外れないけど歯が折れる』

見た目では30年前と変わらない銀歯の治療でも、

そのセメントはプラスチックセメントなのか?

合着材なのか?

接着剤(プライマー)を使ったダブル技なのかで長持ちするかどうかは変わってくるのです。

健康保険治療では接着剤は使いません。。。多分。。。ほとんど。。。。(高いからね)

高価な接着剤は保険外治療で使われるのがほとんどです。

いろんな意味で高価なあれこれを使って長持ちして綺麗で丈夫な治療をすると、保険外になってしまうのです。。。。

どうしますか?

本当に長持ちするのか試してみます。。。。。ってことで、今回はセラミックスを選ばれました。

綺麗で、丈夫で長持ちしますよ!

汚れつかないし・・・・・絶対じゃないですけどね。。。。。ちゃんと磨いてね。

[ブログ]審美歯科 新着ページ

ページの先頭へ戻る