長年使った歯ですから|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > 長年使った歯ですから

長年使った歯ですから

70歳になる男性は、右の関節が痛いのです。

口を開け閉めすると、ゴリゴリ音がするのです。

「マウスピースをしましょう」・・・・・というと、断られました。

 

その2週間後に、再びやってきて、そのほかの方法は無いかとお尋ねになるので、

 

「関節に太い注射をして洗ってみるという方法があります。」・・・・・・というと、断られました。

 

その2週間後に、三度やってきて、そのほかの方法は無いかとお尋ねになるので、

 

「専門の口腔外科にご紹介しますので、ご相談ください」・・・・・・・というと、断られました。

 

長年の歯ぎしりと、日ごろの食事によって奥歯は、山も谷もないつるんつるんの歯になっているのです。

特に、右側は奥歯が1本抜歯されていて、足りません。

 

その2週間後にやってきて、痛くて困るといわれるので、3つの中から選んでいただきました。

 

そして、始まったマウスピース治療。

2か月経過して、もう痛くありません。音もしません。

しかし、硬いものを噛むと痛くなってくるのです。

マウスピースで原因が特定できたので、最終治療に入ろうとすると、断られました。

ほかに方法は無いかとお尋ねになるのです。

どうして関節が痛いのかの理由を説明して、原因を改善する以外に方法を知りません。。。。。と説明しました

 

マウスピース治療は、それだけで完結しないことがあります。

原因を特定するためにマウスピースを使い、原因が分かったら、その原因を改善する必要があります。

原因の改善の方法は、原因によりいろいろですが。

関節にとって、快適な状況を作るってことです。

 

ブログ 新着ページ

ページの先頭へ戻る