高齢者が食べなくなったとき|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]義歯・入れ歯 > 高齢者が食べなくなったとき

高齢者が食べなくなったとき

入れ歯を使っている高齢者が、食事が進まない時。。。。。ご家族は心配ですね。

毎日入れ歯を洗ってあげていますか?

普通は入れ歯を、自分で手入れしているので、ご家族は気づいていないのかもしれません。

今まで綺麗に使っていた方の入れ歯が、とても汚れて来るときがあります。。。。。。何かが起こっているときです。

手の力が弱くなっているのかもしれません。。。。。あるいは・・・・

認知の喪失が始まったかもしれません。。。。。。ごくごく初期の段階ですから、ここで対策できると良いですね。

食べたことを忘れるより早い段階で、食べた後に入れ歯を洗うことを忘れるようになります。

入れ歯を洗わない日々が続くと、口の中の粘膜が荒れて来ます。。。。腫れてただれてくると、入れ歯が痛くて食べられません。

口の中の清潔が保てなくなって、誤嚥性の肺炎も起こしがちです。

本人に任せるよりも、積極的に入れ歯を洗ってあげる必要が出てきています。

1)入れ歯専用のブラシ

2)入れ歯専用の超音波洗浄機

3)入れ歯洗浄剤

4)口の中に根っこだけになっている歯があれば、その歯を磨く特別柔らかいブラシ

5)口の中に潤いをもたらす洗浄効果のあるペースト

入れ歯に不慣れな家族の場合は、私たち専門家が説明とアドバイスをいたします。

認知機能を喪失する初期段階に、いち早く気が付いて対策する機会が持てるのは、歯医者だと言われているのは、そんな変化にすぐ気が付くからです。

中村歯科クリニックは、厚労省認可『かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所』です。

ご相談くださいね。

[ブログ]義歯・入れ歯 新着ページ

ページの先頭へ戻る