CTで見ると抜かずに治る歯が増えています|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]歯周病 > CTで見ると抜かずに治る歯が増えています

CTで見ると抜かずに治る歯が増えています

CTを使うようになって4年以上たちました。

この4年で何が変わったかというと。

抜く歯が減りました。。。従来のレントゲン象は2次元なので影絵的な診方になります。

CT導入と合わせて、最新の根管治療の方法に変えたので、抜かずに治せる率が増えたのです。

使う器具も使う薬も最新の治療法です。

外科用マイクロスコープは使いません。。。。小回りの利く実用的な、強拡大の外科用ルーペを使っております。

根っこの先にできた嚢胞(膿の袋)の大きさや方向も的確につかむことができます。

CTはメジャーが付いているので測ることができます。

何ミリ下のどの位置に傷があるのか診えるのです。

インプラントを打つ方向を決めやすくなりました。。。。顎の骨の密度が3次元で見る事ができます。

治療の精度があがっているのです。

あなたの歯を大切にしたいと思っております。

[ブログ]歯周病 新着ページ

ページの先頭へ戻る