一般・小児歯科|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > 一般・小児歯科

歯が酸で溶けてしまったものを虫歯といいます。知覚神経がある歯なら痛みがあるので虫歯だと気が付きますが、実は神経を取ってしまって痛みがない歯も虫歯になることがあります。
痛みがないからと放っておくと歯を抜くことになってしまいます。
虫歯があると口臭がきつくなることがありますので、最近、口臭が気になっていたら虫歯の可能性もありますので、痛くなくても受診するようにしましょう。

虫歯治療

虫歯ができた場所と大きさによって治療は異なりますが、神経までいってしまっている虫歯は、歯髄神経を取らざるを得なくなるケースが多く、治療回数も多くなります。特に、虫歯の穴から歯髄神経にばい菌が入ってしまうと、それだけ回数が増えてしまいます。
神経が少し出てしまった場合でも、希望される場合に限り、保護する薬MTAセメントを使うことができます。
治療回数が1回増え、待つ期間が延びますが、神経を取らないで治すことができ、歯に優しい治療法です。
また、神経を取った場合の治療回数よりは数回少なくて済みます。

C3虫歯が神経まで届いてしまった時は、歯髄神経を取ることが多いです。
歯髄神経を取る治療は、根の治療と言われ、回数のかかる治療です。
虫歯の穴から歯髄神経にバイキンが入ってしまった場合は特に回数がかかります。

程度 状態 治療法
C0 虫歯のなり始め。色が茶色または白 歯ブラシ・フッ素・リカルデントパック
C1 少しへこんだ虫歯 プラスチックをつめる
C2 穴があいている プラスチックか金属を詰める
C3 虫歯の穴が神経まで届いている 神経を取って薬を詰めてからかぶせる
C4 穴が大きくて治せません 抜歯

詰め物

プラスチック

金属

セラミック

かぶせ物

プラスチック

金属のかぶせ物

セラミックのかぶせ物

抜歯になったら

ブリッジ

入れ歯

インプラント

小児歯科

年齢や性格・虫歯の大きさによっても治療が異なります。

1歳での虫歯

この時期の虫歯は母乳が原因でできてしまう虫歯が多くなっています。治療することが
できるお子さまは虫歯にプラスチックを埋めて穴をふさぐ治療を行いますが、治療する
ことができないお子さまには、フッ素塗布とクリーニング、生活指導が中心となります。
虫歯を防ぐ方法として、まずは、ぶくぶくうがいをマスターするようにしましょう。
保護者さまの中でも、うまくお子さまの歯をブラッシング出来る方と出来ない方がいらっしゃいます。
通院していただければ、当院でご指導させていただきます。
お子さまの唇と舌の力のバランスが取れていない場合は、遊びを通してトレーニングするようにしましょう。

2歳の虫歯

小さくて山が高く、深い谷間を持っている奥歯は虫歯になりやすくなっています。虫歯を予防するためには、予防充填(シーラントなど)が効果的とされています。
この年齢で虫歯ができたら、プラスチックで穴を埋めます。形によっては金属で埋めることもあります。
また、お子さまが「べー」をしてハート型になるようでしたら、3歳を過ぎると爆発的に虫歯ができるので、早めに確認をしましょう。

仕上げ磨き

保護者さまもお子さまも、仕上げ磨きは10歳までは頑張ってほしいです。口の大きさが子供サイズなのに、歯並びだけが大人サイズに変わるので、大変磨きづらい時期になっているからです。
12歳ぐらいになると、12歳臼歯も生えてくるので、糸ようじやフロスの使い方を覚えるようにしましょう。

赤ちゃんとの出会いは新しい生活の始まりですね

赤ちゃんを迎えた家族にとって、食べる事はとても大切な日常です。
赤ちゃんがオッパイ・ミルクを飲むのは本能ですが、食べる事・飲み込む事・咬む事には学習が必要ですね。

バイキン

そして、生えてきた可愛い歯を守る事が始まります。
赤ちゃんの口の中には、虫歯菌も歯周病菌も居ません。
周りの環境から口の中に入ってくるのです。
虫歯にしないためには、虫歯菌を持ち込まない事が一つのポイントになります。
身近な人の口の中に虫歯菌が少なかったらとても良い事なのです。
『育児に忙しいから歯を磨く暇がないの』
『子育てが忙しから、仕事が忙しいから、お母さんお父さんの虫歯治療は後回しなの』
と言って、凶悪虫歯菌が沢山居たら、どうなるでしょう・・・・・・・・・・怖。
だから、赤ちゃんの歯も磨く事の一段階前に、関わる大人の口内環境を整えておく事が大切です。
100%キシリトールガムは強力な助っ人になりますので、食後には、右の歯で一粒・左の歯で一粒、咬んで下さいね。

乳歯

母乳とミルクは栄養満点ですから、虫歯菌が居れば虫歯になります。
歯が生えたら歯を磨きます。
指サックブラシなどもありますので、口の中に何かが入ってきて歯をごしごしされる感覚に赤ちゃんが慣れることを目指します。
歯がどんどん生えてきたら歯ブラシを使います。
上の前歯のところに唇から伸びたヒモ(上唇小帯)をこすらないように指で守ってくださいね。
さて、子供の歯ブラシは・・・・・・どうしたらいいのか?疑問だらけですか?

おかあさん先生からのメッセージ

お口水鉄砲

水をお口から出すことを教えます。
お風呂の中や、家庭プールなどで、大人が見本を見せて遊んであげてください。
普段は、空気を使ってにらめっこ遊びで口を膨らませたり、空気を吐き出したりして遊びましょう。
唇を閉じる練習が必要ですから、鼻の発達とも関係します。
今後の歯並びにも関係します。
楽しんで練習してみてくださいね。

歯ブラシイヤイヤ期

歯が生えたら歯ブラシを使い始めてOKです。
指サック型の歯ブラシもありますから、前歯2本位の時は指サック型でもOK。
寝かせて、左手薬指で上唇の真ん中のひも(上唇小帯)をおさえてカバーするのがコツです。
これを歯ブラシでゴシゴシこすってしまうと痛いので、歯ブラシが大嫌いになります。
一筆書きのように、スムースに歯ブラシを運んで一気に磨きましょう。
数を数えながらやるのもコツです。1.2.3.・・・・・10はいおわり。
歌でも良いですよ。
こどもに持たせる歯ブラシと、お母さん・お父さんの仕上げ用歯ブラシは別の物を使います。
こどもはブラシをかみかみして、たわしのようにしてしまいますからね。

ブクブクうがい期

お口の中の水を上手に吐き出すことができたなら、今度は、お口の中の水をぐるぐる、ぶくぶく回すことを練習しましょう。
『あっぷっぷ』遊びを沢山してください。
空気を口の中でぐるぐるまわして、変顔あそびをして練習です。
これができれば、フッ素洗口が出来るようになります。

ココまで来たら歯医者さん大好き

おかあさん・おとうさんの仕上げ磨き歯ブラシには、キシリトールをつけてみてください。
甘くて、おいしいママ・パパの味。
ここまで来たら、水を口にためて上を向くガラガラうがいに挑戦してください。
口の中に、水が入ってくることに慣れていれば、歯医者さんに行っても怖くありません。
こどもは、寝ている状態で口の中に水が入ってくる経験がありませんので、ちょっと怖いのです。
付きそうおかあさん・おとうさんがそれを知っていて下さると、おこさまも安心しています。

さし歯

自分の歯が虫歯などで傷ついてしまったときに、人工的に作られるのがさし歯です。
保険適用内で作るさし歯には、プラスチックが使われます。(セラミックスは保険適用外です)歯根が残っている場合・残っていない場合などケースバイケースで治療が変わってきますので、まずはご相談ください。

入れ歯

広範囲に歯根まで失った場合は、取り外し可能な入れ歯かインプラントを使います。
インプラントは、失った部分だけに歯を入れることができ、自分の歯のように使うことができますが、保険適用外となっています。
食事の時に外れる方向と違った方向から入る入れ歯を作るように心がけています。
体の経年変化もあり、歯ぐきが痩せてくるなどの理由で入れ歯が合わなくなることもあります。そのまま使い続けてしまうと、入れ歯が折れるだけでなく、残っている自分の歯も折れてしまうことがあります。快適にお使いいただくために、6か月に一度の定期的なメンテナンスが必要になってきます。

顎関節症

関節は12歳頃に急激に発達しますから、12歳から15歳位に発症する方が多いです。
顎関節症を予防してこの発達期に十分に発達させる事が理想的です。
歯並びの不正や、筋肉のバランスのくずれや、親知らずの影響などで、関節の機能が阻害されるのが顎関節症です。
口が開かない。開けにくい。開けるときに音がする等の症状と、頭痛・肩こり・めまいなど症状があります。

女性歯科(お姫さま外来)

女性のライフサイクルに特有な症状をとりあげています。
自分も女性だからこそ実感していることがあります。
頻繁におこる頭痛・イライラ・浅い眠り・細切れの睡眠時間
柔らかい関節・めまい・冷えからくる歯の痛み。
子育ての悩み・介護・家事・仕事・お母さんとして
嫁として、妻として、求められる役割。
貴女の笑顔が求められています。
女性は体調をホルモンの変動に大きく左右されるライフサイクルを持っています。
特に、妊娠出産・授乳時期には、自分一人の体ではない大役をになっており、
虫歯治療に不向きな時期です。
赤ちゃんへの配慮として、口腔内細菌を減らしておくことは大切です。

自分の事を後回しにして、家族を優先していたために窮地におちいっている貴女も大丈夫です。
もう一度あの頃の笑顔をとり戻しましょう。

女性特有の症状

女性ならではの冷え(血液循環不良)から、歯髄炎を起こす事があります。

家族でワカサギ釣りに行き、氷の湖で冷えてしまった後に歯が痛くなってしまったり。
関節が柔らかいので、大きくなった赤ちゃんの抱っこしたり、重いものを持つなどの影響で、頭痛に悩まされたりします。
キャベツの千切りをすると、歯を食いしばっていませんか?
ふわふわのキャベツに仕上げようと思うと力が入りますよね。
その後に頭痛がするなら、キャベツの千切りはマウスピースをするかタオルを咬んで切りましょうね。
思春期のこどもとのやりとりで、歯をくいしばって我慢したお母さんの歯が折れていたこともありました。
歯並びが良くないことと筋肉が強くないことが原因で、関節に無理な力が働いて耳鳴りに悩んでいた方も。
男性には余りない症状があると思います。
もっと、他にもあるかもしれません。貴女の笑顔を取り戻すために、一緒に考えますね。

女性にマウスピースをお勧めします

女性の関節は、柔らかくなっています。
マウスピースは、出産時に特にお勧めです。
関節を柔らかくするホルモンが体内を満たすので、顎関節を痛めないように守り、
また、いきみやすくもします。
育児中もお勧めです。
長時間の抱っこ、肩コリ予防や、短時間に安眠するためにも効果があります。
育児は重労働ですから、食いしばった歯の痛みや頭痛が起きることがあります。これを予防します。

ページの先頭へ戻る