矯正歯科|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > 矯正歯科

矯正歯科

矯正治療は何歳からでもできます。
でも、最も適したスタート時期は5歳~10歳です。
歯は正しい位置に配置されると、食べ物をしっかり咬むことができ、美味しい食事がとれます。
歯の形が1本1本違うのは、それぞれに役割があるからです。
整った歯並びになれば、清掃もしやすくなって、健康を保ちやすくなり、笑顔に自信を持つこともで来るでしょう。

小児矯正

1次矯正と2次矯正に分かれて考えています。

1次矯正

小さな赤ちゃんも成長して、およそ12歳で上顎の成長が一段落します。
だから、小学生の矯正が適齢期なのです。
それから、下顎が18歳位まで成長します。
小児矯正の特徴は、この成長する力を利用出来る事です。
反対咬合(下顎前突)は舌の位置異常の場合が多いのです。
6歳になったら、自然に治った人の話は偶然では無くて、舌の位置が正常に改善されていた場合が多いのです。
お子様にあてはまるかどうか舌の動きを見てください。
低位舌(ていいぜつ)と言うこの舌の癖を 当院では舌トレーニングノートを使って、丁寧に約8ヶ月かけて改善していきます。
舌を突き出す癖や、舌をはさむ癖なども改善していく必要があるのです。
取り外しのできる床矯正は比較的安価ですが、10歳を超えたお子様には自我の成長の為に、使えなくなることもあります。
2年生・3年生で治療を始める方が有利です。
12歳までに上の歯の骨格の大きさが決まります。
顎の大きさ、骨格のベースを適切に大きく育てるのが一次矯正です。

2次矯正

大人の歯に生え変わってからの矯正治療が2次矯正です。
顎のベースの成長は完了しています。
基本はブラケットというボタンを歯に着けてワイヤーをつかって、綺麗な歯並びや、機能的な歯並びを作っていきます。

大人矯正

大人が矯正を必要とする理由は多種類に及びます。
成長の力を使う子供の矯正に比べると3倍くらいの時間はかかります。

など様々ですが、他の治療と矯正治療を組み合わせる事で良好な治療が行える場合が多いです。
治療法は、ワイヤー矯正になります。
数本の移動では、部分矯正として10万円~治療に組み込めます。

ミニ矯正

チョット傾いた1本の歯のせいで、虫歯治療や入れ歯を作れないような場合はミニ矯正で動かします。
大きく矯正する時間や費用をかけたくないけど、どうしても気になる困った1本~2本の矯正に多くの皆さんが取り入れている治療です。

基本的な治療の流れ

矯正治療の流れをご紹介します。基本的な流れは以下の通りです。
一人一人個人差はありますが、目安としてご覧ください。

1.診療相談

「矯正は費用がかかるから…」と思いこまず、歯科医の意見も聞きながら治療のご判断をしていただけたらと思っています。
歯並びやお口元の状態、治療に対するご希望、どんなことが気になっていらっしゃるのか、詳しくお話をうかがいます。

お口の中を見せていただいた後、歯並びの問題点や矯正治療の流れ、治療期間、治療費用などについて分かりやすくご説明いたします。

2.精密検査

あごの成長のバランスや位置、歯の状態を詳しく確認するためにレントゲン写真をお撮りします。
歯型、顔やお口の写真、あごの動きも検査いたします。

3.診断結果・治療計画

精密検査の結果をご報告し、治療方針・期間、メリット、デメリット、費用などを含め、考えられる矯正治療を幾つかご提案・ご説明いたします。

4.治療開始

矯正装置を装着し、定期的に来院していただき、ワイヤーの交換や矯正装置の調節をして歯を動かしていきます。

また、来院ごとに虫歯や歯周病の予防をしながら治療を進めます。
1回の治療時間は15分~1時間程度、治療期間の目安は1~3年ですが、症状や装置の種類、治療の難易度によって変わります。

5.メンテナンス(保定期間)

保定装置を装着し、定期的に来院していただきます。
矯正装置の緩み調節をして歯の動きを安定期まで監視します。

ページの先頭へ戻る