セラミックラミネートで人生イキイキ|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > 2012年 > 6月

2012年06月

セラミックラミネートで人生イキイキ

今週はお二人の男性の変わり様に嬉しくなりました。

お一人は、以前ブログでふれた、前歯3本をセラミックラミネートにされた70歳の患者さんです。

 

とても満足ですとおっしゃって、ニコニコ笑っていらっしゃいました。

初めてお会いした時の不安そうな様子とは、まったく違って、実に楽しそう。

 

もうお一人の男性は、35歳。2本のセラミックラミネート

忙しく働く彼は、もう一本は歯根内部の治療中で、後日オールセラミックスの予定です。

その彼は、意識が激変し、口元の清潔感の大切さに目覚めたそうです。

仕事にも力が入る、入る。

ささ、禁煙も頑張っても~~~っと健康になりましょう~~~

 

そうなんです。

 

口元が綺麗になると、意識が変わって気持ちが明るく、何事にも積極的になっていきます。

笑顔が増えて、言葉がスムースに流れ、コミュニケーションもはずんできます。

そこにビューティーセミナーが加わると・・・・・貴方の魅力は花開いてしまうのでした。。。。。。。

 

キラキラ輝きだす患者さんを送り出す時が、とっても幸せな気分のスタッフ一同です。

 

作るのが好きです

私のホームページは初めは友人が手作りしてくれたものです。
まだ、ホームページの大切さを知らない時代でした。
自分で、ページを増やす事ができずに、困って居ました。

審美歯科サイトhttp://www.nakamura-sika.com/ は、そんな時に知人に勧められて、プロに作ってもらいました。
2012年2月にリニューアルしたホームページhttps://www.nakamura-sika.jp/ は、プロに教えて頂いて自分でつくりました。
とても、難しいと思いました。

そして、ネットの中にもお世話になったサイトがあります。

ドットインストールhttp://dotinstall.com/

3分で、何回でも見なおしできて、とても便利で助かります。
厚い本を読み返すより手軽に、日々学習出来て、復習も出来て。
先日運営しているお二人にお会いするチャンスがありました。
益々このサイトが好きになりました。

これからも、コツコツ学習していきます。

 

子育て支援の一つとして

子どもも診療します。
大人も診療します。
私のホームページには、女性歯科のページがあります。

女性と子育ては、男性と子育てより密着しています。
子育ては、とっても難しくて、女性は奮闘努力して居ます。
二人の子どもを一人で育てながら歯科医をして来ましたので、女性の奮闘する姿を垣間見ることができます。
と言うか、想像出来ちゃうんです。


熱を出した子どもの看病していた後に歯がいたくなった、とか。
二才のお子さんを三時間抱っこしたから、口が開かなくなったとか。

そして、先月ビューティセミナーを開きました。
ひと時の隙間もない程、子育てに頑張るお母さんに、手軽に気分転換して頂いて、ついでに家族皆ニコニコしてしまう。
そわなキッカケを作りたかったのです。
大成功でした。
毎日怒ってばかりと悩んでいたママに笑顔が戻りました。

これからも、子育てママを応援して行きます!

朝のお口がきっちゃない

朝起きてすぐ口をすすぐ習慣ありますか?

朝起きた時の口の中のバイ菌の数ってあなたの便より多いんです

そのままご飯を食べるなんてとってもこわーい。
まずお水ですすぎましょうできたら歯ブラシで擦りましょ。

寝る前にナイトリンスも良いのです。

でも、朝は最初に口を漱ぎましょう。
消毒剤で皆さんがよく使っているイソジンで歯が溶ける事があるって知ってますか?

イソジン消毒作用が強いのですがpHが2.2なんです。
という事は、とても酸性なので、注意が必要です。

酸性の食べ物、飲み物を口にしたら、中性に戻す工夫をしてくださいね。

お水で漱ぐ。

ガムをかむ。

重層水で漱ぐ。・・・・・などなど・・・

スポーツドリンクで歯がとける

スポーツドリンクのPHが酸性です
クエン酸は疲れをとるかもしれませんが歯は溶けてしまうのです
お酢のドリンクも同じです
ドリンク剤で作った虫歯は『酸食症』と云い。

一気に口の中全部の歯が溶けていきます
治療がたくさんの本数になります。

アメリカのジョギング愛好者は右手にスポーツドリンク左手にお水を持って走るそうですよ
スポーツドリンク飲んだ後にすぐにお水で口をすすぎましょう

体も大切運動も大切歯も大切にしてくださいね

再石灰化療法

思春期になると、(10歳くらいからかしら・・・)生えてきたばかりの大人の歯が、白いてんてん模様になってしまう方がいます

 

これは、虫歯の初期。

 

表面が脱灰・・・歯の表面からカルシウム成分が溶け出しちゃたのです。

 

ここで食い止めないと、ボロボロ穴が開いてきて、本格的な虫歯になります。

 

どうやって食い止めるかというと。

 

再石灰化療法

 

まず、唾液検査をして、唾液の力をはかります。

 

唾液緩衝能力(口の中を中性に戻す力)が高いならば治りやすいです。

 

ガム(リカルデント・ポスカ)を使います。

 

そして、リカルデントペーストのパックをします。

 

スポーツドリンクや、お酢のドリンク、クエン酸どりんくでも、歯が解けますから、気を付けましょうね。

上の親不知・・・貴方も知らずに虫歯

ときどき上の親不知の歯がほとんど見えないくらい、隠し持っている方がいらっしゃいます。

 

下の親不知が困るのは、横向きにはえてきて虫歯になってしまうとき。

 

まっすぐ生える場所もなく、隣の歯に迷惑なので、あえなく抜歯。

 

上の親不知は、自分でも知らないうちに、見えない奥の方に外向きにほっぺたにかくれるように生えてきて、虫歯になったとき。

 

治療の手が届かない程奥まった狭い場所なので、あえなく抜歯。

 

親不知といっても、必ず抜歯しなくてはならないわけではありません。

ちゃんと生えて、ちゃんと噛んで、ちゃんと磨ければ・・・・Good!

よく、世間でいう『親不知抜くと腫れるんだよね・・・・』というのは、下の親不知の一部の場合。

上の親不知のほとんどの場合は、さほど腫れません。

 

抜歯が怖くて先送りされている方が時々いらっしゃるのですが。。。。。ぐちゃぐちゃボロボロになった親不知程抜きにくいものはありません。。。。。難易度高くて。。。。こちらがギブアップすることがあります。

 

そんな場合は、専門医をご紹介していますので、ご安心ください。

 

歯の場合、放置すればするほど、難易度があがります。

 

あきらめも肝心ですから、怖がらないで、ご相談くださいね。。。。。スタッフ一同励まします。

前歯が折れたとき

ちょっとした事故で前歯が折れたり、交通事故で折れたり・・ケガで前歯が折れてしまうことが多々あります。

 

ちょこっと折れて、揺れもせず・・・ならば、安静に前歯で食べ物を噛まない生活1週間。

 

特に多いのが乳歯の場合・・・・・・こどもは友達と手をつないで走るのが好きで、ころぶと顔からゴッツン。

 

その後も自転車で、ガッツン。

 

男の子がとくに多く感じます。。。。。

 

折れた程度で少し治し方が違いますが、

基本は正しい位置にもどし

出血を止め

砂などの異物を取り除き

ギブスのようなもので固定して

安静にする。

 

まず、1週間で落ち着くかどうか・・・・

そして、1か月で歯髄神経は無事かどうか・・・・

 

大きくバッキリ折れた場合は、最初から歯髄処置が伴います。。。。。ケースバイケース。。。。。

 

自己判断しないで、すぐ来院してくださいね

歯を抜いた後

どうしても助からない歯の場合・・・・・抜歯します。。。。。歯を抜きます。

 

歯は骨に植えてあるような状態ですが、真ん中に神経や血管の入っていた空洞があるのです。

 

虫歯になったり、割れて損傷すると、口の中のばい菌が、この空洞を通って骨に直接入り込んできます。

 

結構よくあることなので、皆さんあまり大げさに考えてないと思いますが。

 

普通は、骨は外の世界と直接通じることが無いように守られています。

 

ところが、虫歯を放置すると、ばい菌が直接骨に入ってくる道を作ってしまうのです。

 

治療して、ばい菌を取り除きますが、どうしても助けることが出来ない場合もあるのです。

 

これでは、大変とばかりに、抜歯をいたします。

 

そのあとに、

 

お風呂に入らないでください。

お酒を飲まないでください。

薬をきちんと飲んでください。

等の注意を受けると思います。

心拍数が上がるような事はしないでくださいね。。。。。。。。

炎天下で子どもとかけっこしないでください。

炎天下で草むしりをしないでください。

ドキドキ・バクバクするようなお化け屋敷は入らないでください。

サウナとかエステとかもやめましょうね。。。。。。

 

例をあげると、きりがつかないので、『心拍数があがりそうな事全般』は、避けたほうがよろしいかと思います。と、申し上げております。

 

後で、出血したり、痛み止めが効かなかったり、しちゃうんです。

副鼻腔炎と蓄膿症と上顎洞炎

副鼻腔炎と蓄膿症と上顎洞炎・・・・・これはほとんど同じもの。
これになると、虫歯じゃないのに、上の歯がいたい。。。。。。
虫歯じやないのに、咬むといたい。。。。。。

だいたい、前歯から数えて5番目か6番目当たりの歯が痛い。。。。。。

風邪を引いた後になることが多いです。

頭痛を伴うことも多いです。

夏の暑さに向かうこの季節は、体力が落ちて副鼻腔炎になりやすいのです。

十分休養を取ってくださいね。

お大事に・・・・・・お薬飲みましょうね~~~~

ページの先頭へ戻る