顎が小さい小鳥さんの横顔|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > 2013年 > 2月

2013年02月

顎が小さい小鳥さんの横顔

横顔のプロフィールが小鳥さん風の場合。

7歳から9歳くらいの間に前歯が大人の歯と交換する時期になります。

だから、10歳前のこの時期にオトガイと言われるこの顎のとがった部分を育てる矯正をすることで改善できます。

今回来院された男子は13歳。

オトガイを刺激する矯正器具の適齢期は12歳までなので、残念でしたね。

今まで通っていた先生は、『様子を見ましょう』『遺伝ですから』そう言われて、諦めていたそうです。

実は、矯正はとても発展していて、いろんな方法でアプローチが可能です。

遺伝が強くても、少し手を貸すことできれいなプロフィールを手に入れる可能性は広がっています。

中村歯科クリニックは、矯正専門医ではありません。

矯正治療の勉強を17年来、今も続けています。

新しい治療も取り入れています。

5歳からは積極的に治療に入ります。

10歳を超えると取り外しのタイプの治療は、精神発達上難しく、失敗することが多いです。

外せる器具は使ってくれなくなるからです。

外せない器具を使う治療になりますから、費用が80万円位かかります。

早めの治療は15万円位ですから、早めの治療をお勧めしています。

フロスを使っても歯肉が腫れ無い方法

先週のNHKの朝番組で、歯周病ケアを特集していました。

勿論、良い事を言ってくれてましたが。。。。。。。。。ここで、ちょっと小言を。。。。

デンタルフロスを歯肉ポケットの入れるという解説について

プロの清掃が一度もされていない歯肉ポケットには大量の細菌が居ます。
TVご出演の先生の患者さんは、プロの清掃を受け、歯ブラシ指導も受けた後の方なので、歯肉ポケットにフロスを少々突っ込んでも問題はありません。
だから、間違ったことは言ってません。

しかし。

普段、歯医者でプロのケアをしていない方のポケットには大量に細菌が居ますので、普段通りの歯ブラシによる普段通りのブラッシングをした上での、フロっシングでは、『フロス後の歯ブラシもう一度を追加してください。』

そうしないと、バイキンに負けてリンパ節がゴリゴリし、口全体の歯が浮いて咬むと痛い。

ということになるかもしれません。。。。。。。。。。
普通の方は、デンタルフロスの後にもう一度軽く歯ブラシによるブラッシングをしてくださいね。

TVに影響されて、すでに腫れちゃった人は、早めに歯医者さんに行きましょう!!

当院にも、このワナにはまった患者様の来院がポチポチと・・・・・・もっと早く書いておくべきでした。。。。ゴメンナサイ。。。。。。。

ページの先頭へ戻る