歯周病が心配なかたへ|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > 2016年 > 5月

2016年05月

歯周病が心配なかたへ

TVを見ても、いろんな情報を見ても、歯周病がとても怖いと思いますね。

『とにかく歯を磨けばいいんですよね』と思っていると・・・・・磨きすぎて歯周病が重症化する危険がある。
『歯周病菌を殺菌すればいいんですよね』と思っていると・・・・やり方が分からない。

でも、どちらも正解で、結局、『歯周病菌』の少ないお口の中を作れば良いんです。

1)まだ、歯周ポケットが無い20代~30代の場合は『歯周病菌』を増やさない
   デンタルフロスと歯ブラシと音波歯ブラシでバイオフィルムをできるだけ除去する。
   3ヶ月に1回か、6か月に1回くらいの定期健診
   
2)歯周ポケットができてる30代~の場合は、プロのクリーニングを受けてから、深いポケットを作らない。
   デンタルフロスと歯ブラシと音波歯ブラシでバイオフィルムをできるだけ除去する。
   3ヶ月に1回か、6か月に1回くらいの定期健診

3)歯槽骨が破壊され始めている人は、本格的な治療にまず入りましょう。
   歯槽骨が破壊されている場合とは、骨を破壊するコマンドが出たままになっている。
   骨を破壊しなくていいよのストップコマンドが出ていない。骨を破壊するコマンドを止める治療。
   それがポケット内の炎症を止めるだったり、歯ぎしりによる無理な力を抑えるだったり、個人個人で違いますが。
   フロスと歯ブラシとポケット洗浄や歯面滑沢化や口腔の殺菌と乳酸菌の添加や食事療法。
   
   骨の破壊を止める。

あなたはどの段階でしょうか。。。。。。。。。
怖かったら、早く治療を始めましょう。。。。。。。。

同じことをしているようでも結果が違う。。。。中村歯科クリニックは怖くないです。。。。。ちゃんと説明します。

総入れ歯をぴったり作る

総入れ歯を上手に作って、上手に使いこなしていただくのにとても大切なこと。
それは

1)顎の状態を整える
2)型どりは丁寧に細部を映し出す模型を作り
3)頭がい骨と入れ歯の位置のバランスをとり
4)頬の筋肉と舌バランスのよいところを見極める
5)1個で良いものを作るのは難しく2個目を作る必要があるのを理解して1個目の入れ歯を半年かけて使い込んでいく
6)太っても、痩せても合わなくなってきます。6か月くらいで手入れをすることが肝心です。
7)良く咬める義歯こそ、堅いものもたべるので、すり減りが早いですから手入れはこまめに来院してください。

患者さんとの共同作業がとても大切です。

近頃の出来上がりのは、見た目の綺麗な大き目の総入れ歯を作ってくるので、結局、患者さんの口の中でもう一度作り直すことが多く。
時間がかかります。。。。。。。
今どきのトレンドのようです。
総入れ歯のスイマーさんも、入れ歯専門歯科医で作った綺麗にできた大きめ入れ歯が踊ってました。
大きい入れ歯も動きだして踊ります。

総入れ歯は、義歯ですから。
義手や義足のように、使いこなすのにはリハビリを伴うものなんです。
顔の筋肉のこわばりや委縮などはマッサージがひつようだったり。。。
入れ歯を受け入れないような筋肉の動きをなさる方も居ますから、まず、不都合な筋肉の癖を改善しないと使えません。
どこがどんなふうに不具合なのかを丁寧に診て行きます。。。。。1個めができた後も。。。。。
更に使い良い入れ歯を求めて。

歯茎下がりを止める

歯が長くなってしまうのを仕方ないと思っていると、歯の根元の先までせり出してとうとう抜けてしまいます。

根元のところが黄色く見えるようになったら、文字通り黄色信号点滅。。。。行動を起こすのは今です。

1)歯ブラシの使い方を見直しましょう
   しみない歯磨き剤でごまかして済む話はここまでです。
   これ以上歯肉が下がって歯が伸びてしまったら、根こそぎやられてしまいます。

2)歯肉で覆いなおす歯周外科
   下がってしまった歯肉を呼び戻す外科ともいえる歯周外科
   再生させましょう歯肉を

3)歯ぎしりの外傷を防ぐ
   歯肉下がりの原因の一つに『力がかかりすぎる』歯ぎしりがあります。
   ほとんどの人が歯ぎしりをしているのです。
   歯が折れるほど、すり減るほど、揺れだすほどの歯ぎしりをほとんどの人がやっています。

あなたはどのタイプ?
どの手で守りましょうか。。。。。。。。スタッフ一同あなたを守るサポーターです。

奥歯を失って後、前歯が壊れる恐怖におののくあなたに

仕方ないとあきらめるのはまだ早い。

でも、奥歯に入れた入れ歯の違和感に腹が立ち、やけになって捨ててしまっては、さらなる困難が待っています。

中村歯科クリニックには、多くの若い女性の総入れ歯の方がいらっしゃいます。
『なぜこんなになるまで我慢していたのですか?』。。。。と尋ねるようにしております。

1)家族の世話をして時間が無かった
   家族の時間を優先することで歯科医院に行く時間が取れなかった。
   家族の生活を優先することで自分の治療費が無かった。

   今まではこのタイプの方がご苦労をされていたと思っておりました。

2)歯医者の一言が怖くて行けなくなった
   最近お聞きするようになった理由です。。。。。。。
   『自分の口の中が壊れていく恐怖』に対して、私たちデンタルスタッフは配慮が足りなかったようです。
   
現代の女性は、マスクをして家に閉じこもっていられる時間などありません。
子どもが居れば、学校に行くのは1カ月に1回くらいはあります。。。。もしもその時に前歯が無かったら、どんな陰口に合うかもわかりません。
働いていればなおさら、前歯が無い時間など1日とて受け入れられません。

歯が無い日など1日とてない。。。。。。そんな配慮を持った診療を心掛けています。

だから。。。。時々うなってしまいます。。。。どうやってあなたの歯を1日でよみがえらせられるのか

あなたが、自分の口が壊れていく恐怖に立ち向かえるように、支えていく。
もしもあなたの背中で私がうなっても、おびえないでくださいね。。。。。私とスタッフと技工士とがどうやって支えるか、フル稼働で考え中なだけですから

あなたが責められることはありません。。。。。。怖くないよ。。。優しいんだから。。中村歯科クリニックのチームスタッフは。。。

貴女がマスクを外して帰っていけるように、頑張るからね。

これから、きっと、手でかくさなくても笑える日が来るからね。

CTで正確になる診断

中村歯科クリニックには、歯科用CTレントゲンがあります。
健康保険治療でもCTレントゲン検査はある程度認められました。。。。。良かったですね。。。。。

1)インプラント治療の場合は必ずCTレントゲンで骨の状態を調べます。

   立体的にどの方向に骨が十分にあるのか、どこに太い血管があって避けなくてはならないかがわかります。

2)歯内療法でもCTレントゲンは効果てきです。

   歯の中の神経と血管が入っている空間から、細胞を除去して、代わりに薬を詰めるのが歯内療法。
   一度治療が終わっているのにもかかわらず、感染をおこして疼いたり、腫れあがったりすることがあります。
   そんな時にも必要になるのが歯内療法。
   歯の中はとても複雑で、一度入ったバイキンをきれいに取り除くのは難しいのです。

   デジタルレントゲンで平面に映し出せない病巣も、CTはどこからどこまで病巣が広がっているのか見逃すことも無く。
   大きさを測ることもできます。

   その病巣に歯内療法のあの手この手を使ってアプローチしていくのです。。。。。これが難しい。。。
   とても地味な治療です。
   骨の中に感染し炎症が起こっているのですから。
   歯医者の治療が長引く一つの原因にもなっていますが、根気よく取り組むのが健康への1歩なのです。

小さな虫歯につめてあるプラスチック

前歯の横の小さ目な虫歯を治すのは、かれこれ35年くらいまえからプラスチックを詰めてます。

ちょっとだけ茶色い線が前歯にできていたら、多分そこがかつてプラスチックで治した虫歯治療跡です。
治療した時は、自分の歯にあわせた色でまるで自分の歯のようにマッチングした色艶です。

ところが、時間が経つと(1年くらいで)色が付くので、ガッカリしてしまいます。

プラスチックは表面に傷が刻まれるので、磨き直しが必要です。
色もつくけど、バイオフィルムも付きますから、時々磨いてもらっれ下さい。

モザイク状に色とりどりの前歯になって我慢しているよりも、歯医者で磨いてもらってください。
早ければ、磨きなおすだけで、とてもきれいによみがえります。

ホワイトニングすると、このプラスチックだけは白さに置いてきぼりにされます。
ワントーン明るい色に入れなおしてもらってください。

自分でホワイトニングするコツ

鏡を見るときは、どこを見るタイプですか?
目元?
口元?
鼻?
眉?

あなたが気になっているのは、どこですか?
汚れていたら恥ずかしから・・・・・

朝起きたとき。
目やに付いていないかな?よだれ垂らして無かったかな?・・・・とか
眉間にしわ刻んでないかな?

食事したあとは。
歯に食べかすがはさまって無いかな?
食べこぼしが唇に付いて無いかな?・・・とか

さあ、出かけようとなったら。
疲れた顔してないかな?
口臭出てないかな?・・・・とか
歯が汚れてないかな・・・とか

そんな時に、歯が真っ白だったら、自信をもって笑えるし。
話が弾みます。。。。。。口臭があったら、論外ですけど・・・・・・話がはずむことはありません。。。。。

そこで、自分で真っ白になるコツ

1)ホワイトニング用の歯磨き剤を使う
   おすすめは『ブリリアント』ですよ。。。。1カ月くらいで白く明るい色になります。
2)電動歯ブラシを使う
   歯と歯の間までホワイトニング歯磨き剤が効果を現します。

ブリリアントは歯医者さんでしか買えないので、かかりつけの歯医者さんで買ってくださいね。

電動歯ブラシを処方しています

どんどん開発が進んでいる電動歯ブラシは、電気屋さんに行くと種類が多くて選び方が分からないと相談されます。

中村歯科クリニックでは、手磨き歯ブラシの動かし方や使い方の話から始めますが、電動歯ブラシを積極的にお勧めしています。
電動歯ブラシを勧める理由。
特に20年前から使い続けている『ソニケア』の進化がハイスピードなのですが、どうやら新しい技術開発は一段落してマイナーチェンジを多種多様にしてくる時期のようです。
ブラシの部分が多種になりました。
使う人に合わせてブラシを選ぶように、使用が変更されてきています。

そうなると、自分にどの歯ブラシが適切なのかが分からない時代になったということですから、プロがお勧めする必要をますます感じているのです。

お口の病気は『感染症』なので、バイオフィルムとの毎日の戦いに負けないようにアイテムを選んで粛々と日々バイキンをやっつけましょう。
中村歯科クリニックが応援します。

入れ歯を自分で踊らせていませんか?

インプラントの普及で、入れ歯を使っている人が減っているのは確かだと思いますが、まだまだ、入れ歯は大切な存在です。

上の歯が一本も無くて総入れ歯の人は多いのです。
何故なら、上の顎の骨の方が柔らかいから。

入れ歯を安定させるのにとても大切なのが、顎の土手ともいえる、歯槽突起なのです。
しっかりした歯槽突起を持っている人は、入れ歯の安定がとても良いのです。
しっかりした歯槽突起があれば、インプラントの安定もとてもいいのです。

上の総入れ歯が踊ってしまうので困っているこんな方にお会いします。

1)下の歯は前歯しかなくて奥歯が無い
   総入れ歯の場合下の前歯がつつくように咬むのを下の奥歯が抑え込むように作られています。
   だから、下の奥歯が無かったり、片方だけだったり、下の入れ歯が小さすぎたりすると抑えられなくて傾きます。
   そのまま咬むと口の中でガタガタと踊りだします。

   そんな時は、しっかりと下の歯を作って差し上げると上の入れ歯がぴったりします。

   ときどき、上の入れ歯を治してほしいのに下の入れ歯を作らされたと苦情を言われますが、原因は下の歯なんですよ。

2)歯槽突起がほとんど無い
   歯を失ってしまう原因の多くは歯周病です。
   歯周病は骨を溶かしてしまいますから、歯槽突起も溶けてなくなってしまいます。

   ならば、歯槽突起が溶けないうちに次の手を打つのが大切なんですけど・・・・・
   そこを踏ん切りがつかないのが人間の心理の難しいところ。

   歯周病を止めて、歯槽突起を再生させたいですよね。。。。。高度な治療がここで必要になるのです。
   上手に総入れ歯を使うコツは、上の入れ歯と下の入れ歯のバランス。
   上手に入れ歯を作るコツは、『バランスを読み切る技』だったりするわけで、。。。。経験値を加味した技が活きる分野です。

嚥下指導はもどかしい

何でもなくごっくん嚥下ができる人には、何が問題なのかぴんと来ない問題だとは思いますが。

『嚥下異常』は実は頻繁に起こっています。

いわゆる『ごっくん飲み込みの標準形でない人』には何が起きるのでしょうか

1)歯列不正・・・・特に下顎前突・反対咬合・開咬・舌突
2)身体骨格の変型・・・・姿勢が悪く、側彎だったり

『嚥下異常』が起こる原因には、鼻の疾患が原因だったり、乳幼児の時期の腹筋背筋などの体幹筋肉の成長不足だったり、舌小帯の異常だったり。

そのために『舌』が低位舌になり、舌突となり口から舌が出ていたり、正常な飲み込み行動がとれなかったり。

ところが、飲み込み行為は口を閉じているために目視確認ができません。
できるだけ子どものうちに発見して、成長力を使いながら正常嚥下に誘導したいのですが・・・・・はっきり見えない。
すると、リハビリが徹底しずらいです。
リハビリには、当人を取り巻く家族全員で取り組むことが一番効果をあげますし、数年かかることもあります。

1年前にリハビリにはいったお子さんが、反対咬合が改善しました。
5歳になっても反対ならば矯正治療を開始しようかと思っておりましたが、4歳で明らかに改善しました。
ご家族の頑張る姿が垣間見えるひと時でした。
しかし、ごっくん嚥下はまだまだ低位舌状態です。
次のリハビリをスタートしました。
お母さんの真剣な姿に、私も気持ちが引き締まります。。。。。。。。3か月後にまた会いましょう。

中村歯科はジェネラリストです。
お子さまの発達から、訪問歯科診療まで、あなたの家庭歯科医なのです。
神奈川県嚥下指導歯科医です。

1 / 212
ページの先頭へ戻る