リウマチと歯医者・・私の原点|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > 2018年 > 6月

2018年06月

リウマチと歯医者・・私の原点

今日、思わず語ってしまった私の歯医者人生の原点とは、若い駆け出しの勤務歯医者の頃、総合病院での事。

総合病院の歯科室に勤務したことがあります。

そこで、入院中のリウマチのご婦人の歯の治療をしたのです。

若くて一本気だったので、ほとんどの銀歯を入れ替えて、口中のクリーニングをして・・・

全取り換えをしてしまいました。

ある日、治療日でもないのに、エレベーターの無い2階の歯科室にそのご婦人はやってきました。

看護師の若者に背負われながら、私の手を握り、涙ぐみながらお礼を言うのです。

『つらい梅雨の時期に、こんなに楽なことは今までなかったの。歯を治してもらって本当に良かったありがとう。』

そして、車いすではありましたが、退院していきました。

見送りながら、口の中のバイキンをはっきりと意識した瞬間でありました。

歯医者は科学者。。。。敵はミクロの細菌です。

体の奥深くまで侵入して、関節や血管を傷つけます。

歯医者は、口の中のバイキンの攻撃からあなたの身体を守るのです。

健康法の落とし穴『お酢』の害って知ってますか?

毎年、この季節になると、口中の歯の根元が溶けてしみる方が来院します。

虫歯というより、『酸食症』です。

昨日も健康番組で特集されていました、『お酢』の健康法の落とし穴・・・・歯が溶ける。

皆さん~~~虫歯にならないように歯を磨いていますね!

虫歯菌が酸を作って歯が溶けるからですね。

なのに、酸を口中にまんべんなく広げ、歯と歯の間に酢漬けの食べ物をはさんでいたりしたら・・・・溶けますよ歯

暑さに向かうこの季節には、お酢やレモンがさっぱりしてとても美味しいし、体は元気になるのです。

けれど、歯は溶けます。

困ったことに、28本全部溶けます。

神経のある歯はしみるようになるので、歯医者に駆け込んできます。

でも、患者さんは『お酢飲んでます』って言わないし、歯医者さんも『お酢飲んでますか?』なんて聞かない。

良く歯を磨いてくださいって言われるのが普通です。

神経の無い歯に至っては、1カ月もあれば跡形もなく溶けて無くなっています。

なかなかお酢の健康法で歯の不健康が起きていることに気が付くのは難しいのです。

『お酢の健康法』は私も大好きです。

サラダはレモン汁とオリーブオイルでいただいております。

ならば、口の中が酸性になっているのを中性に戻す必要があるのです。

アルカリ性の洗口液があります。

販売もしていますが、自分で手軽に作ることもできます。

中和する方法で対策しながら『お酢の健康法』は実践しましょう。

唾液検査キャンペーンやってます(6月は半額)

6月は唾液検査キャンペーンやってます。

今月だけ1500円(消費税別)であなたの唾液の質が分かる検査ができます。

唾液が弱かった時と少ないときの対策を行っております。

唾液が少ないのは分かっているけど、どうしたらよいのか分からない方。
この機会にお話を聞きに来ませんか?

ロイテリ菌タブレット治療してます

今日(2018年6月7日)放送のモーニンショー番組内で 取り上げていた
乳酸菌のロイテリ菌タブレットを使った『口内フローラ改善治療』を行っております。
バクテリアセラピー治療の事です。
番組内で、白澤卓司先生が詳しく説明してましたが。

お口の中には沢山の菌が住んでいます。
微妙なバランスであなたの身体を守っている菌たちです。
悪い毒素を出す悪玉菌をいかに減らし。
人間の味方の善玉菌を増やし。
日和見菌達に味方に付いてもらう。
これを目指します。

悪玉菌(歯周病菌や虫歯菌)が増えると、なるリスクが上がる病気が

動脈硬化
心筋梗塞
脳梗塞
認知症
糖尿病
関節リュウマチ
ガン

実際に治療したケースがこれ
あなたも、ロイテリ菌コーティングで、病気を予防して爽やかな朝を迎えてみませんか?

中村歯科がお手伝いいたします。

ページの先頭へ戻る