『歯の治療』がやりたくてもできない時|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > 2018年 > 10月

2018年10月

『歯の治療』がやりたくてもできない時

最近、『根管治療をやってほしい』と尋ねてくる方に出会います。。。。。結構。

『抜いて、インプラントって言われて、でも、まだ何も治療してもらってないんで、治療してもらいたい』

『抜いて入れ歯にするって言われて、治療できないのか?』

どちらの場合も、根管治療と言われる、根っこの治療が必要です。

必ず100%治るとは保証できない難しい治療なのですが。

治療代がとってもお安いです。。。。患者さんの評価もとっても低評価です。

憤懣やるかたないと言う態度で怒りを向けてくることもあります。

今はCTで見る事ができるので、昔考えられていたほど簡単じゃない歯の複雑な構造が分かってきています。

根管治療はこの数年で格段の進歩がありました。。。しかし、そのせいで治療の道具代が高くなりました。

治療をやれば助かる歯は増えているはず。。。。

虫歯が小さいうちに治療されて、歯周病も治してその後もケアされていれば、おそらく根管治療は必要なくなります。

虫歯が大きくなっても、歯石が沢山ついても放置して、根管治療に至り、治療をするとなると。

治療費器材代が持ち出しになる可能性があるうえ。

治療は難しく、評価は低い。。。。。。。。

根管治療はしない。。。。。というか、『できない』。。。そんな事態が忍び寄ってきているような。。。。怖さを感じます。

『その治療はできない』と言われる背景に、頂く治療代より治療するための経費な方が高いのかもしれない。。。。現実。

細く曲がった根管を開くには、特殊な薬を使い極細のリーマーを何本も消費しながら、時間をかけて慎重に進めていく。。。

そのリーマー代も時間も薬代も、頂けない仕組みである。。。

それは、治療として成り立たない現実があるかもしれない。。。。『根管治療はできないのかもしれない』

この国の保健医療は、『抜きましょう』を選択したのかもしれない。

それと同時に

予防歯科でケアを続けて行けば、虫歯にも、歯周病にもならないのです。。。。ほぼ

少々深めの虫歯でも、歯髄をとらない治療もあります。。。。薬が保険外だったりしますが。。。。『根管治療が必要ない治療』

本当の意味で『歯を大切にする治療』に進んでいきたい。。。。。。この国の歯科医療は、その方向に舵を切っているのかもしれない。

しかし、中村歯科クリニックは、まだ『根管治療』もやっています。。。それも新バージョンで。。。

知覚過敏歯磨きで痛くてどうしたら良いか分からない時

女性に多いのですが、最近、歯肉が薄くてチョット弱弱しくて。

本人もとても心配していて、力弱そうな(力強くない)印象の歯肉がめくれてきて、歯が伸びて、冷たい水がしみる状態。

一生懸命に、知覚過敏歯磨きでこすればこするほど痛くて、どうしたら良いかわからない方。。。。増えてます。

アレルギーなのか、感染症なのか。。。。。

アレルギーを疑って、薬剤を排除して歯磨きは歯だけを磨く。歯ブラシは感染除去の為に消毒をし、歯磨剤は使わない。

小麦粉食品を禁食し、刺激のある辛い食材も禁止。

さらに、歯ブラシは低刺激の指定歯ブラシ(クラプロックス)を使ってもらう。

痛い歯を特定して、包帯を巻く。。。。。。

虫歯じゃない

歯周病じゃない

知覚過敏歯磨きを使ったら更に痛くなる

痛くて、患者さんをパニックにおとしいれる。。。。。。

思い込みとマスコミに翻弄され、一生懸命磨きすぎた病。

歯医者と共にそーっと治します。

『えっ?何やったの?痛くない。。。。』と驚かれるけど、それが医療の実力。

一生懸命な気持ちを正しい方向に向けたサポートをします。。。。。貴女に必要なカウンセリングがここにあります。

中村歯科クリニックです。

入れ歯を入れるなら、まず下準備

中村歯科クリニックは入れ歯が得意です。

でも、作り方がチョット変わってるらしく。。。。。

真っ先に型を取るのでは無くて。。。。

『この歯が出っ張って威張ってるので、小さくしましょう』

『この筋が入れ歯を躍らせるので安定しないから、筋を切りましょう』。。。。などなど

まず、下準備の話に入ります。

すると、『今までそんなこと言われたことないから』って、、押し問答になることがしばしばあります。

中村歯科の入れ歯は、作る前の準備があるのです。

『今までと同じ作り方をしたら、今までと同じに痛い咬めない入れ歯ができますよ。それが嫌だから来たんでしょ。。。やってみてください。きっと、今までと違った入れ歯に出会えますよ』

口の中が、入れ歯を受け入れる体制に整ってから入れ歯を作ると、出来上がりは上々。

数回の調整で使えます。痛くなく動かずしっかり咬めます。

お出かけしたくなる軽いタッチの入れ歯

思わず『あ~~楽~~~~何これ』って、言ってしまう総入れ歯。

お一つ作ってみませんか?

『皆さんが驚く一言』院長が何と言ってくるか聞いてみたくないですか?。。。。。。。。部分入れ歯。

前歯がボロボロなら原因は奥歯

前歯がボロボロになると、急いで歯医者にやってくる方は多いです。

奥歯がボロボロだとあまり気にされない方がちらほらいらっしゃる。

特に、ご自分でも『これは入れ歯になるだろう』と予想するほどとなると、

ある種のあきらめの気持ちと『嫌だなぁ』が先に立って、歯医者が遠ざかるようで、なかなか来院しません。

奥歯がしっかり咬めない状態で、前歯でごまかしていると、やがて前歯がクラクラ、ボロボロになってきます。

そこで、前歯を治したいとやってくるのですが。

奥歯を治してからでないと、前歯は治りません。

おそらく、前歯だけ治しても、ものの数時間で取れます。折れます。壊れます。

そうなると、奥歯の治療を急ピッチで仕上げないと、前歯が無い時間ができてしまいます。

今どきそうは、『前歯無しいで』とはいかないとなると、前歯は仮の歯で見かけを保ちます。。。。ほぼ半日治療にかかります。

3時間コース。。。。。。お互いヘトヘト。。。。。。

3時間椅子に座らされて、口開いてるのはとっても大変です。。。。

だから、奥歯が壊れたら、それだけでも早く治そうね。。。。。

内科との連携2

今月初旬に、代謝性の難病と戦うその方は、歯肉が弱ってしまったためにレーザー照射治療をしました。

これを内科の先生に報告すると、

『次の治療には2週間待ちましょう。歯医者で免疫が落ちてないかどうか診てもらって、大丈夫だったら次の治療に移ります』

と、治療が延期されました。

本日、歯肉の状態はとても良好でした。

『これなら大丈夫ですから、頑張ってきてくださいね』

内科の治療も安心して次に進めそうです。

歯医者では、免疫が落ちているか、元気いっぱいなのか、すぐわかってしまいます。

外科との連携は、手術前と手術後の口腔内の洗浄です。

全身麻酔は、口腔から管を使います。

この時に口の中がバイキンだらけだったら、呼吸器にバイキンが入ってしまいます。

手術は大成功だったのに、呼吸器感染で入院が長引いたりする原因になるのが、口腔の不潔なのです。

口は毎日汚れて行きますが、徹底した洗浄を施すと口腔内細菌は随分と減らすことができます。

綺麗な口の状態を保つのは、命を守ります。

根管治療にラバーダムがしたい

先週、とても悲しいことがありました。

歯の根っこの治療『根管治療』は唾液からの感染を防ぐことが治療の予後を左右します。

下の奥歯は唾液に侵入されないように治療するのは難しいのです。

保険治療の中から、『ラバーダム』が無くなってもう10年以上たつと思います。

患者さんにとっては楽ではないのかもしれませんが、根管治療中は口を閉じてはいけません。

感染してしまうからです。

その方は、すぐに口を閉じてしまうので唾液が流入してしまいます。

2回目の治療には、ラバーダムを使いました。

唾液の侵入は起こらないので、治療に集中できます。

狭窄した湾曲根管をさぐる根気のいる治療でした。

ようやく穿通して長さも測れたので、その日の治療を終息させると。

その人は何も言わずに立ち去りました。

すたすたと出て行って戻ってきませんでした。

保険の治療からラバーダムは無くなりましたが、歯を感染させない為にとても有効なアイテムです。

まだ治療は完結していません。

周りの下奥歯は3本とも黒い影を持つ感染歯です。。。。。

私が大切に思う貴女の歯を、貴女が大切にしてくれないのがとても悲しい。

年齢と事情によってベストの治療は違うもの

『歯』が無いならば、入れ歯かブリッジかインプラントで咬む歯を作ります。

右が咬めるけど、左が咬めない等の片方しか咬めないときは、無い方に作ります。

体にとって左右がバランスを取ることは大切だからです。

しかし、入れ歯を入れる事が分からなくなり、入れられなくなることがあります。

歯を磨いているようで、磨くことができ無くなることもあります。

歯が無いのに、『入れ歯を入れないと言う選択』も時にはあると言うことです。

わがままで入れ歯を入れない人も居ます。。。。入れ歯を使いこなすには、覚悟と根気がいるからです。

その場合は、入れ歯を入れることで体の機能が回復することをお話しさせていただきます。

それとは違った意味で、入れ歯を入れない選択もあるのです。

日本が迎える高齢化社会は、柔軟な対応が必要だと考えています。

歯が老化すると何が起こるかというと

昔の60歳と、現代の60歳の見た目も活動量も飛躍的に若いと思いませんか?

55歳定年時代があったのに、65歳定年になったのも何となく納得がいってしまうのです。

しかし、残念なことに『歯』は老化しています。

今日は『お口』ではなくて、『歯』の加齢の話です。

歯の中には細胞が生きています。

毎日のこすられたり、叩かれたりする刺激に対して、歯を厚くするという方法で対応しています。

歯を使って食べてるのですから、(´~`)モグモグする度に歯はたたき合いこすりあいます。

すると固くなっていくのですが、硬くなることで脆くなります。

すなわち、割れやすくなるのです。

加齢とともに縦に筋が入って茶色見を帯びて来ます。

体は若く、筋肉は衰えないように鍛えることができるのに、歯は固くなるがゆえに、脆くなります。

『神経を抜いた歯』とは、中の細胞を除去してしまったので固くなっては行きませんが、細胞が居ない事と自分の歯が虫歯で小さくなっていることで脆くなります。

『歯』は筋肉が細ってない60代にはすでに十分に固くなって、筋肉の叩く力こする力に耐えかねて折れます。

体のしなやかさを失うこと。。。。加齢に伴い、歯はしなやかさを失い、強い力をかけられると破断してしまいます。

『折れた歯』を長年連れ添ったよしみで、皆さん『抜かないで欲しい』とおっしゃいます。

心情はお察しいたしますが、抜いて入れ歯かインプラントに変えることを提案しております。

歯は骨から外界(口の中)に飛び出す形で生えています。

折れたときには、そのヒビ線に沿って骨の中に直接に『口腔内細菌』が入り込みます。

大量の歯周病菌や虫歯菌などが血流に乗って体の隅々に流れて行きます。

血管を傷つけることになるのです。

強く『抜歯』をお勧めすると、来院されなくなりますが。。。。。。どうか1本の歯よりも命を守る選択をしていただきたい。

そう、切に願うのです。。。。。。。。

内科と歯医者の新しい関係

こんなに医療が進んでも、難しい病気は後をたたず。。。。。大変な闘病生活を送っている方がいらっしゃる。

中村歯科クリニックの内科的歯科治療は、『分子栄養学』から始まったのです。

体のバランスがくずれると、粘膜に症状が出ることが多いのです。

胃の粘膜がただれて胃潰瘍になったり、腸の粘膜がただれて過敏性大腸炎になったり。

食道・胃・腸は口からつながっている為に、粘膜の不調は口腔粘膜をみるとうかがい知ることができます。

今日も口中に口内炎が多発して歯肉からは出血している。。。。ので、『お薬を変えましたか?』と尋ねると

『先週から薬が変わってるのでそのせいかしら』。。。。と、抗がん剤が変わったことで粘膜症状が出ていることが分かります。

代謝性の難病と戦ってるかたは、『歯医者に診てもらってから薬を変えるかどうか決めるから、歯医者に行ってきて欲しい』と内科の先生に言われてきています。

胃カメラを飲まなくても見える消化器粘膜が、口腔内粘膜なのです。

だから、『小麦のアレルギー』だったり、『薬の副作用』だったり、チョットした体調の変化が見えます。

そして、内科の先生に報告することができます。

じゃ、内科の先生は口を診ないのか。。。。というと、その微妙な変化は見慣れていないと気が付かない程度の『少しの赤み』だったり

『小さな潰瘍』だったり、『艶や張り』だったりするのです。

残念に思うのは、その変化に気が付いて『カンジダ菌が症状を出しているから免疫が落ちていますよ』って言っても

歯医者が言ってもなかなか信じて貰えないところです。

今年は残暑が厳しいので、青魚を食べて、豚の生姜焼きを食べて、昆布茶と甘酒を飲んでください。

気力が落ちてやる気がでない時は、牛丼を食べてね。

って言っても。。。。ちょっと唇が寂しい時があります。。。。『サンマやイワシをゴボウと生姜で炊く』と3日位の保存食になりますよ。

根っこが出て歯が長くなったら

歯肉が下がってしまい歯が長く見えて、根っこがむき出しになってしまった時。

歯肉で覆うようにする外科手術があります。

矯正治療で押し込む治療もあります。

外科手術の方がスタンダードですが。。。。

出来るかできないかはケースバイケースなので、診て聴いてみないと判断できません。

喫煙してると治りが悪いとか、糖尿病があると治りが悪いとかの条件もちょっとあります。

歯肉の厚みが人それぞれなので、それも関係します。

歯が何だか伸びたみたいで気になったら

そのような治療もあるのです。

1 / 212
ページの先頭へ戻る