お父さんの子供を育てる秘めた底力|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > 2019年 > 2月

2019年02月

お父さんの子供を育てる秘めた底力

お父さんの パワーは凄いんです。

3歳の男の子はたくさん虫歯を作ってしまい、お母さんに連れられてやって来た。。。その日。。。大泣き、大暴れ。。。

お母さんは恐縮してヘトヘトに疲れて帰って行きました。

次の回にお父さんを連れて3人で来院しました。

お父さんは当然のように待合室で待っている様子ですが、

中村歯科クリニックは知っています。

子どもは、お母さんじゃない家族の前で勇気が出るので、お父さんに診療室に入ってもらうと泣かないんです。

お父さんはちょっと離れて立っているだけで、その日男の子は虫歯を2本泣かずに治療して帰りました。

お父さんは立っていただけで、周囲から絶賛され、お母さんからリスペクトされて、何が何だか分からない様子。

次の回もお父さんが参加。。。。。無事治療。。。。泣かないし。。。。

次の回もお父さん参加。。。。。。。。。息子との信頼関係もバッチリ。

小さなお子さんの歯医者通いは、是非、お父さんと来てください。

そして、お父さんにお願いです。。。。。お母さんみたいに優しくオロオロしないで、黙って立っていてください。

健気に頑張る子どもの姿に、愛おしさが倍増します。。。。。。。きっと

女の子は時々逆のバージョンがあるので、要注意です。。。。お父さんの前で甘え泣きする特殊な場合もありますので。。。

子どもの口が臭う時

口臭は自分で分からないものです。

一転、こどもの口臭は親には驚きと困惑をもたらします。

口臭と言ったなら、『口の汚れた大人』と思っていたからではないでしょうか。。。。。

子どもの口臭が気になるのは朝が多いです。

サラサラタイプの唾液が減った睡眠時に口を開けて寝ていると、お口が空からになってしまったり、ねばねば唾液ばかりが出てねばねばしたり。。。。。これは問題は口呼吸

口の周りの筋肉を鍛えて口呼吸を減らす。

鼻が詰まっていないように鼻呼吸ができるようにする。

特にお子さんは風邪をひいて鼻が出ていたり詰まっていたりがきっかけで口呼吸の習慣が付いてしまうことがあります。

低位舌とも関係します。。。。歯並び咬みあわせが悪くなるきっかけになったりします。

口のトレーニングをしてみましょう。

指導しています。。。。。。ご相談ください。

口の中のバイキンで命を失う危険

『5日後に入院して手術するのでクリーニングしてください。』と依頼を受けました。

地域連携している総合病院からの依頼です。

あちこちに空いた穴を一挙に埋めて

一本の歯を抜いて

歯周治療装置を用意して

ここまでが今回出来た精一杯でした。

しかし、抜歯しなければならない歯はまだ3本残っています。

今回は間に合いませんでしたので、歯石を除去してできるだけ綺麗に磨きました。

手術する時に全身麻酔では口に麻酔の管をとおします。

気管に通す麻酔の管は、口の中を通るのです。

もしも不意の事故などに会ったなら、手術が成功したのに、自分の口の中のバイキンで肺炎になってしまうかもしれないのです。

口の中の管理は命を守ります。

歯医者に行きましょう。

歯医者で口を開けてるのが楽になるラバーダム

ラバーダムを使いたいけれど、ご理解いただけずに悶々としておりましたが。

唇を柔らかく排除できるタイプのシリコンラバーダムを使う事にしました。

見た目にはラバーダムより辛そうで躊躇しておりましたが、患者さんに大好評でした。

辛くない。

むしろ口を開けているのが楽チン。

要介護者の治療の安全確保にも適しています。

治療もしやすくて、治療時間の短縮ができました。

舌を抑えるタイプの唾液を吸出す装置も使います。

一つ問題解決。。。。。。しかし。

外国製でちょっとサイズ感が微妙なのと、何と言っても高い。。。国産で作って欲しいなぁ。。。。

そして、ラバーダムは保険治療にはありません。

介護用の歯ブラシは何を使うのか

自分の歯は自分で磨くのが普通ですが。。。。。あるとき、自分では磨けなくなります。。ご存知ですか?

介護する中で、口の中を洗ってあげないといけなくなる場合は多いのです。

介護の専門家は人の口の中を洗うことを学びます。

普通の人は、自分の歯以外を磨いてあげる経験がありません。

どのような強さで、どの位の時間、何に気を付けて磨いてあげたらよいか、わかりません。

歯ブラシで良い場合と、スポンジブラシも使わないと上手くいかない場合とあります。

出来れば専用の歯磨き剤がお勧めです。

舌も磨いてあげて欲しいです。

1)とてもやわらかい歯ブラシを用意

2)天然素材の抗菌歯磨き剤がお勧めです

3)スポンジブラシで口蓋や舌や奥歯の頬もぬぐいましょう

4)舌専用ブラシで舌苔をぬぐってください。

5)入れ歯は入れ歯専用ブラシを使ってください。

使い方の説明と販売をしています。。。。。。。だんだんと力が入らなくなっていく状態に合わせて、今日も気持ちよく生活できますように寄り添います。

入れ歯も差し歯も日本で作っています

当院では、院内所属の技工士さんと、提携している技工所5か所で、歯や装置を作っております。

5か所共に日本国内で、正式な技工士の国家資格保持者です。

歯科技工はとても精密で専門性が高いので、作る装置によって依頼する技工士さんを指定して作っていただいております。

海外の技工所では作っておりませんし、日本の規格に合った材料を使っておりますので、ご安心ください。

奥歯がボロボロで咬む歯が無い時の前歯の治療

お口の中が大変な状況の時とは、一つの例としては、咬む奥歯が無いのに、前歯が痛くなってしまった時です。

奥歯が抜けたり溶けたりしていても、とりあえず前歯があるから恥ずかしくないし、歯医者は怖いし。。。。

といってお口の中は自分では見えないので(鏡でないと見えません)、怖いものは見ないで暮らしたいのが人情ですが。

頼りの前歯が痛くなったり折れたりすると、いよいよ歯医者に行かなくてはならないと一大決心します。

でも、そこまで歯医者と無縁にしてると、妄想が膨らんで怖くなって勇気が出ない。。。。。

そんな人にお勧めなのが、『歯周治療装置』という名前の入れ歯。

入れ歯のようで入れ歯でない。。。。。。患者さんにとってはどう見ても『入れ歯』

でも、治療を始めるための『とりあえず入れ歯の形だけど、残った歯を守って治療を進めるための補助装置』

入れ歯よりもきゃしゃだったりする、治療の度に削ったり足したりしながら機能回復させていく補助装置

治療中の前歯でガッツリ咬まれるといつまでたっても治せないから、治療中の前歯を守る。

保険の入れ歯は、他の歯の治療が終焉して落ち着いてから作るのが原則なのです。

しかし、あっちの歯もこっちの歯も治療してからじゃないと入れ歯ができない人となると、ご飯が食べられるようになるまで半年以上かかったり、通い疲れて歯の治療を断念したり、ちっとも良くならない。

そんな時に、まず軽めの入れ歯を入れましょう。。。。。。って事になるのです。。。。

しかし、ここでこの提案を拒否されると、患者も歯医者も泥沼の戦いが始まるのです。。。。

痛い前歯を治療し始めると、その前歯しか咬めない場合は安静に出来ないので、治療したのに更に痛くてご飯が食べられない。

治療するたびに痛い。。。。。もう半年も通ってるのに咬めない。。。。なんてことになることもしばしば。。。。。

歯医者は、咬めるようにする専門家なので、補助装置を使いたいのですが、患者さんは痛い歯だけを何とかしてほしいとおっしゃる。

でも。。。。。。

口の中の働きというのは、基本的には28本の歯と筋肉の総力で成り立っております。

基本に忠実に、体を支える歯と口腔周囲筋肉の働きの絶妙なバランスを重視して治療の手順と方法を提案しています。

聞きかじりの知識で自己診断せずに、歯医者を頼ってみてください。。。。。プロなので。。。大丈夫。

大学病院とも地域総合病院ともつながっています。。。。

信頼できる歯医者とは

歯医者に行こうと思ったら、まずネット検索する時代ですね。

私もお医者さんに行こうとするときには診察時間や専門分野を診るために検索しますので、そう思います。

『口コミ』が大きく影響していたのですが、口コミの信頼が揺らぐようなことがいろいろと聞こえてきます。

そうなると、どこを見てその歯医者を信頼できるか分からなくなります。。。。難しいですね。

患者さんの言うことを100%聞いて言うなりになることが医療であるとは思いません。

患者さんの不利益にならないように説明を尽くしても、

入れ歯は入れたくない。

歯は抜きたくない。

安く治療して欲しい。

忙しいから1回で治してほしい。。。。。

等の壁を乗り越えて信頼を得るのはなかなか難しいです。

しかし、『患者さんの主張』がいずれ数年後に患者さんの不利益につながる可能性があると知っている。

ならば、聞きたくないですか?

例え『耳に痛い説明』でも。。。。後で、あの時言ってくれればよかったのに。。。。って思いませんか?

そんな目で『ネットの口コミ』を観てみると、内装が綺麗だった、受付さんが親切だったと言う評価はそれほど重要なのでしょうか。

奥歯の咬みあわせをないがしろにしたままでは、体の軸が崩れて、やがて体全体の不調をおこしてしまう。

そうなってからは、あちこちのお医者さんに診てもらっても、病気のスタートであった体の歪みの原因が『奥歯の喪失』だったことにはたどり着くのは難しい。

入れ歯を入れていても、体を支えるだけの力を発揮しているかどうかは、更に判定するのが難しい。

歯を抜きたくないと言われますが

骨に直接生えている歯、なのに真ん中に穴が開いているので、ナント、骨の中に黴菌を入れる道が付いてるのですよ。

その穴をふさぐこともできない程に壊れてしまった歯を抜き去らなければ、口の中の細菌が餌となるタンパク質や糖質と一緒に骨の中に入ってきて繁殖し毒素を出すのです。

血流に乗って全身に運ばれて動脈硬化を引き起こすのに。

治療できない程に壊れた歯は、抜くと歯肉が骨を覆ってバイキンの侵入を防ぎます。

抜いておかないと骨と血管を守れない程に壊れた歯。。。。。抜かなくていいのでしょうか。。。

安く治療してほしい。。。。保険治療は全国で同料金です。。。安心料金だと思います。

治療費用の3割だけを払っているのが標準ですから、治療費用自体は残り7割の金額も入れての治療費用です。

更にそれ以上の技術を求めるなら、治療費は高額になります。。。。それだけの価値はありますが。

その技術の習得と研鑽にかけてる時間と費用は目に見えませんが、『腕がいい』という形で見えます。

口コミよりも、説明を聞いて納得できる技術を持っているか、自分で判断する時代なのではないでしょうか。。。。

ページの先頭へ戻る