低位舌だと何が困るかというと|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]病気にならない生き方 > 低位舌だと何が困るかというと

低位舌だと何が困るかというと

低位舌をご存知ですか?

『舌が下にある』ってことですが。。。。ダジャレじゃないですよ。

舌は口を閉じている平常時は先が上の前歯の内側を押して天井にはりついてます。

そして、天井と舌の間に唾液を閉じ込めて、ゴクンと飲み込みます。。。。。これが嚥下。

実際の嚥下は、少し唾液量が溜まったときに喉頭蓋の閉鎖とともに起こります。

低位舌とは、この舌の先が下の歯の内側にあります。

この位置から嚥下をおこすと、舌の位置がかなり出た位置にありますし、嚥下の度に舌の前歯を押し出します。

低位舌だと、舌の歯が出てしまうのです。

赤ちゃんはオッパイを飲んでいるときは、必ず鼻で息をして、舌は上を向いています。

舌を乳首に巻き付けて絞り出す力を込めてゴクンゴクンと母乳を飲むのです。

生まれてすぐにこの嚥下を獲得するはずなのです。

本来低位舌にならないはずなのです。

低位舌になるには理由があるのです。

1)鼻で息ができない事情(風邪をひいた)があったために口呼吸になり、舌が下がった。

2)舌小帯が強すぎて口が大きくなるの連れて下に引っ張られた状態になった。

等が主な理由です。

何が困るかというと、

1)歯並びが反対咬合になり、ゆくゆくは奥歯に力がかかりすぎて抜ける事になりやすい。

2)口呼吸になり、感染症になりやすい

3)食後に上の奥歯のほっぺた側に食べかすが残り虫歯になりやすい。

4)滑舌が悪くなり言葉が聞き取りにくい。

5)嚥下の度に舌が前方に引かれるために、筋膜に無理な動きが出て体調不良になることがある

等が考えられます。

改善方法としては。

1)舌小帯異常の場合は、小帯を伸ばすストレッチや、小帯を伸ばす手術がお勧めです。

2)『あいうべ体操』で舌の奥の方の筋トレをして舌を奥の位置に納めること。

3)鼻の治療をして鼻呼吸出来るようにすることです。

[ブログ]病気にならない生き方 新着ページ

ページの先頭へ戻る