入れ歯は作った後が大切です|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]病気にならない生き方 > 入れ歯は作った後が大切です

入れ歯は作った後が大切です

7年くらい前に入れ歯を作った方が、久しぶりに来院されました。。。。周術期医療の依頼です。

7年前の入れ歯はそのままお口の中で機能しておりました。。。。。一安心。

今回は、手術前クリーニングの依頼です。。。。。『周術期医療』と申します。

手術前から、手術後の特別な時期に、『自分の口の細菌からの自己感染するのを予防』するためにプロのケアが保険で受けられます。

7年間来院されていませんので、歯石が溜まってます。。。。。。ピ~~~~ン~~~~と超音波の歯石取り。

隅々までポリシング、ブラッシング、糸で磨き上げ。。。。ましたが。。。。

入れ歯が触れている粘膜が真っ赤っか。。。。。。。これは義歯性のカンジダ菌感染。

聞けば、入れ歯の手入れがおざなりになっておりました。

体力が落ちると。。。。(手術が必要な病気になっていると言うことは体力も落ちてます)。。。。。口腔内常在菌であるカンジダアルビカンス菌が悪さをします。

通常の入れ歯洗浄剤では間に合わず、カンジダ菌用のチョットお高い入れ歯洗浄剤を使って超音波洗浄するのがよろしいのです。

近頃は、家庭用入れ歯洗浄機が売っています。。。。当院でも売ってます。。。これがお勧め

カンジダ感染の手入れの説明をして、手術担当病院に報告書を書いて終わります。

手術前に歯医者に行かないと、カンジダ菌で肺炎を併発してしまったり。。。。入れ歯の手入れもしないとね。

毎日毎日、自分の口の中でバイキンを培養して飲み込んでる。。。。と、病気になっちゃうよ~~~

もっと身近にプロケアを受けてね。

[ブログ]病気にならない生き方 新着ページ

ページの先頭へ戻る