断髄するのか抜髄するのか|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]歯周病 > 断髄するのか抜髄するのか

断髄するのか抜髄するのか

虫歯がとても深くまで及んでしまった時は、神経を抜きます。

これは、痛んだ感染歯髄神経を除去して内部を綺麗に洗った後に薬を詰め込んでバイ菌が入らないように封鎖することです。

このバイ菌を入れない。。。。。。も、難しく

感染歯髄を綺麗に取り除く。。。。も難しく。。。。根管の形や構造は複雑で人智の及ばないレベル。

後からもバイ菌が入らないように封鎖する。。。も、難しいのです。

もはや、抜髄。。。。取り除くことは困難で、

日々の治療では全ては『ミクロのレベルで断髄』という考え方でいくしかないのではないかと思ってます。

その時に、現状で効果を出している薬MTAセメントは、今のところとても良好な結果を出しています。

数年の後まで待たないと、更に詳しい結果はご報告できませんが。。。。現状ではほかの薬を選択した場合に再治療になってしまう(痛いとかしみる)ことがあるのに対し、MTAを選択した場合に再治療はありません。。。。痛くならないのです。

では、その薬(MTA)を使えばいいのではないか。。。と、思いますよね。。。。

何故???使わないのか。。。。。。保険治療には使えない程『高価』。。。。なのです。

1回使い切りタイプの数万円する薬を、数千円の保険治療には使えません。

Googleの口コミには、全く治療しなかった為にお金は頂いてないのですが『よくあるぼったくりの最低の歯医者』と書き込まれたり。

極端にヒステリックな反応をする前に、保険治療が安価なだけに、口の中の事を安く簡単に考える日本の色メガネをかけたまま、自分の健康を考えていいものか。。。。。
検診割引を打ち出した生命保険の中に、歯医者に行って歯周病管理してます割引を考えて欲しいなぁ。。。など。。。悶悶

MTAをもっと使いたい。。。。。この成功率の高い治療法を患者さんに届けたい。。。。

[ブログ]歯周病 新着ページ

ページの先頭へ戻る