歯の治療代が安い日本の謎|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]病気にならない生き方 > 歯の治療代が安い日本の謎

歯の治療代が安い日本の謎

中村歯科クリニックの『根管治療』はペンシルバニア大学式です。

それって何のこと?・・・・・・って思いますでしょ。

日本の保険治療には、根管治療があって、根っこの中の神経血管が入ってる穴を綺麗に掃除して薬を詰める事です。

目で見るとかすかに見えるくらいの0.01mm直径の穴の中の炎症を起こした神経血管細胞を取り除き、薬が入る穴の大きさ形状を作って薬を詰めて咬めるように補完する治療です。

鏡を使って目視して0.01mmの穴を探すので、0.08mm位だったりすると見えない訳です。

年齢を重ねた歯なんて、硬くて狭くて色黒だったりして、探すのが不可能だったりするわけです。

そうなの。以前は、不可能なことが多かったいろいろと。。。だから抜歯も多かった。

それでも、ラバーダムして視野を確保して、ルーペ使ったりしてやっても時間かかって、時間かけても痛み止められなくて抜歯になったり。

だから、ダメなら抜いても仕方ないよね。。。。って言う設定としか思えない治療代金と治療内容。。なのです。

虫歯を治療して1000円払ってるのが保険治療。。。『安くて良かった~』って、思いますか?

ところが、マイクロスコープや6倍拡大ルーペなど使って新しい機器を使って治療に向かうと、ダメじゃなくなるのです。

抜かない治療。。。。抜歯しなくても済む治療に変わっていくのです。

もう、何か月も通う治療じゃなくなるのです。

抜くのは、やれることをやりつくしてそれでもだめだったら抜くのです。

やることをやるつくす。。。患者さんの1本の歯に真剣に立ち向かう。。。そして窓口お支払いが『150円です』ってなったときに。

『もっと払います。もっと取ってください』と、言われることが数回。。。。つぶれないでねこの歯医者。。。つぶれたら困る。

そうです。治療内容とその対価に疑問と不安が患者さんの中に芽生えた瞬間でした。

『1年通っても痛みが取れない。咬むことができな歯』。。。。理由まできちんと説明できて、2カ月で咬めるように回復させて。

『これは何なんだ????』・・・これも、治療内容とその対価に疑問と不安が患者さんの中に芽生えた瞬間でした。

会計の時に窓口に呼び出されたこともありました。。。。『今まで私が受けてきた治療は何だったんだ。これが本当の歯科治療か?』

健康に気を付けて、歯を食いしばって生きてるのに、1000円の虫歯治療で良いんだろうか?

虫歯ができて、1000円治療をして、数年でまた虫歯になって神経を取って10000円位払って、数年で根尖病巣なるものを作って再治療してまた10000円位払って、歯が割れて抜歯になってBrとか入れ歯とか20000円位払って、数年たってその歯がまた虫歯になって。。。。。。。この流れに乗って、生きてる日本の保険治療。

この流れに乗るのか。食い止めるのか。

『今日痛い歯』今の痛みから解放されれば良い価値観から、『人生を自分の歯と生きていく』のか、マクロの目で見てみませんか?

日本の保険治療は今『癌』治療の為に薬代だけでも3000万円かかるのです。

そして、ガンは万が一ではなくて二人に一人がかかる病気。

ガンの治療に回さなくちゃ医療費。。。って思いません?。。。。最新の薬剤も保険で使えるようにしたのです。。良かったですね。

だから今後、歯科治療が保険で手厚くなる見込みはありません。。。。。自分の歯を守るのは自分です。

歯医者が貧乏になって小気味いいざまーみろ的な雑誌記事が多いですが、そのようなマスコミ的な観方ではなく、自分の歯を守ってくれる歯医者に見合った対価を払って、更に技術を磨き設備を整えてもらって、自分の健康のサポートを頼みたく思っていただけないでしょうか

待合室がフカフカの絨毯である必要はありません。
受付がモデル並みに美人であることもありません。
車が外車である必要もありません。

外装は地味ですが。
良いものだけを貴方に届けたい。
常により良い治療を貴方に提案していきます。
中身は最新です。

貴方の人生のサポーターを選ぶのは貴方なのです。

病気になることを食い止められるのが歯科治療なのです。

[ブログ]病気にならない生き方 新着ページ

ページの先頭へ戻る