歯ブラシにカビが生える注意の季節|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]予防歯科 > 歯ブラシにカビが生える注意の季節

歯ブラシにカビが生える注意の季節

歯ブラシはとっても汚れてます。

歯ブラシを洗いましょう。

歯磨き剤をつけてるのだから、清潔でしょ?。。。。

いいえ、濡れたままでは黴菌が繁殖します。

乾燥させるのがポイントになります。

ナイロン製なので、ハイターなどの次亜塩素酸に15分位つけてから、水道水で流して乾燥させるの良いのです。

携帯ようのケースに入れておくと、乾くことが無いので黴菌の繁殖が顕著です。

次亜塩素酸の消毒と乾燥に気を配りましょう。

歯間ブラシも同じです。

カビの生えた歯ブラシで、お口に入れて歯をこするなんて、想像しただけでもぞっとしますね。

消毒と乾燥保存が大切です。

[ブログ]予防歯科 新着ページ

ページの先頭へ戻る