若くても入れ歯は恥ずかしくない|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]義歯・入れ歯 > 若くても入れ歯は恥ずかしくない

若くても入れ歯は恥ずかしくない

中村歯科クリニックは入れ歯が得意です。

勿論、今どきですから、入れ歯だと分からない『シークレット入れ歯』もできます。

シークレットタイプはチョット高いです。

10万円~15万円位かかります。

でも、保険の使える入れ歯も工夫次第で意外と目立たなくできるものです。

昨日の患者さんは、長年『入れ歯は嫌だな・・・』の思い込みから奥歯が全部無くなってどうにも痛くて咬めない状態まで放置しており、

初めて入れ歯を入れた日も、『義歯』ですから義手や義足と同じように使いこなすのが大変だとは思っていません。

「明日、調整に来てくださいね」という提案に、『3日後に時間があるので3日後に来ます』と、余裕を見せていらっしゃったのですが。

いざ、入れ歯を入れてみると、頬を咬んでしまい血だらけで。。。。。慌てて

『入れ歯は使えません~~~明日行きます』。。。。。。。。泣。。。。と予約変更してくださいました。

ここが大切なんです。。。。入れ歯なんて使えない。。。。と、感情的になってしまうとどうにもなりません。

冷静に、何が起きたかを歯医者に伝えましょう。

この場合、何が起こったかというと。

人間は食べ物を飲み込むときに口の中を陰圧にします。

唇と頬を少し内方へ吸引しながら、舌と上顎の間に食塊を閉じ込めて飲み込むのです。

歯が無いと頬がより内方に吸引されます。

入れ歯が入っても、さっきまでの習慣で頬が内方に入って来るので、すかさず入れ歯の歯が自分のお肉だろうがお構いなしに咬みます。

奥歯が1本でも残っているうちならば、この奥歯が頬の侵入を防いでくれているので、頬を噛むことはありません。

では、どうするのかというと、入れ歯に頬の侵入排除をする塊を付与します。

1週間ほどこの飴玉が付いたような入れ歯を我慢して使うと、頬がスリムになって咬まなくなります。

同時に、頬がこけたような人相はふっくらと若返ります。

あ~~~~~こんなことなら、もっと早く歯医者に来ればよかった。。。。。。。と笑ってくれました。

ポチポチ黒くなってた前歯の虫歯も真っ白になり、笑顔がチャーミングに。。。。。。

もう少しで、1回目の治療終了になります。

1回目というのは、2回目があると言うことです。。。。。ね。

このように奥歯がボロボロになってから治療した場合は、1カ月くらいで治した状態からどんどん変化が起こるのです。

勿論、良くなっていくのです。

口の周りの筋肉の使い方が正常化するので、姿勢も顔も変わってきますし、口の中の粘膜や筋肉の形や層が変わってきます。

3ヶ月~半年待ってから2回目の治療に入ると、とても治まりの良い使いやすい状態にすることができます。

失いかけた健康への想いが芽吹き、より人生のクオリティーを高めていくのに貴重な段階を迎えます。

出会いは大切です。

貴方を大切に思う歯医者と出逢ってくださいね。。。。。。。。

[ブログ]義歯・入れ歯 新着ページ

ページの先頭へ戻る