音波歯ブラシは何が良いのか|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]歯周病 > 音波歯ブラシは何が良いのか

音波歯ブラシは何が良いのか

音波歯ブラシはとっても良いです。

歯周病が急に悪くなるこの季節に、腫れてる歯肉ポケットを洗うと、食塊やら膿やら大量に出てくるのは、手磨き歯ブラシの人。

歯肉ポケットから出てくる汚物がほとんどないのが、音波歯ブラシを使っている人。

3年間定期歯周病管理に来なかったご夫婦の一例です。

インプラントを入れている奥様は、当院お勧めの音波歯ブラシをせっせと使って、夜はマウスピースも装着していました。

3年ぶりでも、何も心配なく、検査で終了。。。。。とても経過良好。

さて、夫様は、奥歯がグラグラ揺れてる。。。ポケットが深くなり汚物が沢山出てきた。。。。手磨きになっていた。

レントゲンでもあちこち奥歯に顎の骨が解けている画像が見て取れる。。。。。マウスピースをしてなかった。

もしかしたら、3本位失うかもしれません。。。。入れ歯になる可能性が大です。

そして別件では、。。。。入れ歯が痛くなったから2週間前から入れてないという方。

咬んでいる方の奥歯は過重負担でグラグラ揺れてる。

入れ歯を入れてなかった側は残った歯が飛び出している。

奥歯で安定して咬めないので前歯で咬んだらしく、前歯も犬歯に無理が出てポケットが一気に深くなり腫れている。

音波歯ブラシは1日に1回使用で2回は手磨き。。。。マウスピースも使っていない。

咬みあわせが狂ってしまっている。。。。。。

どうしたら良かったのでしょう。。。。。。。。

共通点から考えてみましょう。。。

音波歯ブラシを使いこなしてポケット内に歯周病菌を残さず、マウスピースを使って力の制限をかけるのです。

音波歯ブラシを使っている人は、ポケット内まで綺麗です。

歯周病を抑え込んでいます。

かつて、『音波歯ブラシを使ってくれるなら抜きませんその歯。使わないなら抜きます。手磨きではその歯を残すことができないからです』

と説明の上で音波歯ブラシを使うはずでした。。。。。そして、治療をお断りしたことがあります。

どんなに音波歯ブラシで磨いてるよと偽っても、歯肉を見ればわかります。。。。。音波歯ブラシは本当に凄いのです。

全く違うのです。。。。歯肉の様子。。隠しようがありません。

歯周病からの回復度合い。

その上で、アミノ酸パウダーでポケット内歯根の磨き上げを行うと健康歯肉に治って行きます。

ポケットが3mmに至る場合は、是非、音波歯ブラシを使い、デンタルフロスを使い、リステリンを使ってください。

そして、アミノ酸パウダーメンテナンスしましょう。。。

[ブログ]歯周病 新着ページ

ページの先頭へ戻る