顎関節症でマウスピースをしても治らなかった。。その3|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]病気にならない生き方 > 顎関節症でマウスピースをしても治らなかった。。その3

顎関節症でマウスピースをしても治らなかった。。その3

マウスピース治療をほかの歯科医院でやってはみたものの症状は悪くなるので、転医してきた患者さんは、

咬みあわせを高くして自由運動をしてもらってみると。。。。。

残念。

症状が悪化。。。。。だからマウスピースはダメだったんだな。。。。。。

どうなったかというと。

頭蓋骨の外側の筋肉を使う緊張性の頭痛。

激しい頭痛に襲われた。

咬合が上がると、自由運動で解放されるのではなくて、より筋肉に力が入ってしまうタイプだった。。。。

ということは、マウスピースは使わないで、ストレッチで3ヶ月待ってみる

筋肉の異常は矯正するのに基本3ヶ月はかかるからです。

快適だからって、さぼってないか心配だなぁ。。。。。。。ストレッチしてくれてるかなぁ。。。。。

[ブログ]病気にならない生き方 新着ページ

ページの先頭へ戻る