「虫歯と言われたけどほんとかな?」と思ったら|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > 虫歯 > 「虫歯と言われたけどほんとかな?」と思ったら

「虫歯と言われたけどほんとかな?」と思ったら

歯医者さんで虫歯だと言われたけど、痛くない。見た目にも穴も開いてない。

レントゲンでも黒くなってるっていうけど、そうでもないと思う。。。。。

悩んだ挙句に訪ねてくる患者さんが居ます。

中村歯科でも、まず観る・レントゲンも撮ってみる。

それでも疑問が残るとき、虫歯探知レーザで細かく探知します。

『観る』といっても一度虫歯の治療をしてあって覆われていると見えません。

レントゲンで発見できることは多いのですが、すべてが分かる訳でもありません。

そんな時に『レーザー探知機』は意外に優れものです。

近年は虫歯の治療には樹脂を使って白い詰め物をすることが多いのですが、これが年数が経つと虫歯じゃなくても黒っぽく変色します。

虫歯で変色してるのか、経年変化なのか、見極めが難しい時に、レーザーは迷わず判定してくれます。

ムシバデスヨ~~~~という数値を表示します。

それでは、すべての虫歯を探知できるのかというと、おおきく穴が開いてる虫歯を見逃したりします。

レーザを使い始めたときに、こんな大きな虫歯がなぜ反応しないのか不思議だったのですが、穴が大きすぎてダメらしい。

レーザが見張ってるのは『虫歯にできる特有のたんぱく質』を測ってるのです。

むしばが大きすぎると常に唾液に洗われて指標になってるタンパク質が溜まってないらしいのです。

おおきい虫歯は、観てわかるので見逃すことはありません。

『虫歯って言われたけど本当かな?』って疑問なら、レーザで測ってみましょう。

ブログ 新着ページ

ページの先頭へ戻る