歯の病気の診断は難しい。『歯痛錯誤』|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ > [ブログ]病気にならない生き方 > 歯の病気の診断は難しい。『歯痛錯誤』

歯の病気の診断は難しい。『歯痛錯誤』

ときどき、患者さんにおしかりを受けるときがあります。

患者さんに「私の言うことが聞けないの?」と言われることがあります。

ネットの中に沢山の説明がありますので、自分で診断する方がときどきいらっしゃる。

患者さんの診断はさておいて、、正しく診断するのは歯医者としてやらなければいけない仕事ですが。

それが最近は難しいです。。。診断は変わらないのですが、それを上手に伝えられない。

例えば、患者さんが『上の奥歯が痛い』と言っているが、明らかに下の奥歯が歯髄炎を起こしている場合など。

以前は、『痛みが激しい時は上と下は場所の区別がつかなくなるので、下の歯に麻酔をしてみて痛みが止まったら下の歯が原因です』
という説明で納得してくれるので、まず下の歯の治療にとりかかり、無駄に上の歯を削ることは避けられました。

ところが最近は、患者さんの主張が強く『痛いのは上で、下は痛くなった事はありません』と反論し、上の歯を削らされることがあります。
その後に、『下の歯も深い虫歯なので治療していいですか?』と言って治療しないと治まらないのです。

仕方なく大学病院に紹介することもあります。。。そこで下の歯が痛んでいると説得されて治療に至ることもあります。

これは『歯痛錯誤』といって、痛みが強い時は上と下のちがいが分からなくなるのです。

また、ある方は、痛みの原因を説明しているときに『違う』と大きく否定し。
治療方針を説明しているときも『違う』と大きく否定し。。。。。話の進めようがない。。。。。致し方なく当院では治療しないこととしたときもあります。

歯医者は歯が生み出される時から失った時まで、原因や過程も含め、治し方や補綴の仕方を学び、実践し、日々研鑽も重ねてきています。

ネットの中にはいろんな本や見解もあります。。。。私は歯を磨かない場合の健康被害の方が怖いと思います。
インプラントをする歯医者は悪徳歯医者だと書いている場合もあります。。。が。。インプラントは多くの人を救っているのは事実です。

診断は難しいのです。。。。だから、日々研鑽を重ねているのです。
できるだけあなたの歯が長持ちするように、あなたが困らないように。

フラットに偏らない情報をください。。。。決めつけた情報ではなくて。。。素直な情報を。。。
どんなふうに痛いのですか?
どの歯だと思いますか?
どうしてその歯が痛いと思ったのですか?
いつごろからですか?
痛むきっかけはありますか?

とにかく、聞き取ろうとします。
細かく聞いていくことが丁寧な聞き取りと思っているのですが、どうも現実はそうではなくて。

診断の精度を上げて、痛みから解放しても。。。治しても怒られる。
歯を感染させずに長持ちさせるためにラバーダムを使っても。
若年者の歯髄神経をまもり、歯を守るためにMTAセメントをお勧めしても。

おしかりを受ける。。。。。さすがに凹みます。。。。医療現場において、治すことが正解ではない現実。

患者さんの心が、プライドが傷つけられたと訴える。。。。治しても『信頼』されない。
『詐欺社会』ゆえに、ボったくられたのではないかと。。。治しても疑いが果てしなく続く。

技術を磨くだけでは、信頼してもらえない。
あなたの歯とあなたの健康を守りたいという想いを届けるには、『詐欺社会』に対する不安への配慮が足りないようです。
説明と書類作成に時間がかかり、施術する時間が削られて治療の進行が遅くなる。。。。
施術一つ一つの説明を求められ、保険用語の説明まで及ぶ。。。。

治療計画を立て、スピード感をもって、壊れる速さを上回るスピードで治すことを目指してきましたが。
今、それが成り立たない。

平成の終わりと共に、(コンビニオーナーの悲劇のごとく)変わらざるを得ない時代の変遷を感じます。

[ブログ]病気にならない生き方 新着ページ

ページの先頭へ戻る